Rakuten infoseek

辞書

石油ストーブ【せきゆストーブ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石油ストーブ
せきゆストーブ
暖房器具の一種で,石油燃焼装置。最も普及しているのは石タンクに浸したをつけ,芯を上下させることによって火力を調節する機構のものであるが,反対に芯を固定しておいて,この芯に送り込むタンクの油のを増減させて火力を調節するものや,圧縮した石油を噴出させて空気を混合して燃焼させるものなどもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきゆすとーぶ【石油ストーブ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せきゆストーブ【石油ストーブ】
灯油を燃料に用いるストーブ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せきゆ‐ストーブ【石油ストーブ】
〘名〙 (ストーブはstove) 灯油を燃料とするストーブ。《季・冬》
※雪の日(1920)〈志賀直哉〉「薄暗い中に石油ストオヴの火が〈略〉赤々と照して居た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せきゆ‐ストーブ【石油ストーブ】
灯油を燃料とするストーブ。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石油ストーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石油ストーブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.