Rakuten infoseek

辞書

石川五右衛門【いしかわごえもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

石川五右衛門
いしかわごえもん
安土桃山時代の大盗として著名であるが,実在は疑わしい。一説に三好氏の臣石川明石の子という。また遠江国浜松生れで真田八郎と称したが,河内国石川郡山内古底という医家にちなんで石川五右衛門と改めたともいう。文禄3 (1594) 年捕えられ,子とともに釜ゆでのに処せられたとされる。江戸時代,浄瑠璃歌舞伎題材となった。浄瑠璃では松本治太夫の語り物『石川五右衛門』,近松門左衛門作『傾城 (けいせい) 吉岡染』,並木宗輔作『釜淵双級巴 (かまがふちふたつどもえ) 』,若竹笛躬ら合作『木下蔭狭間合戦 (このしたかげはざまがっせん) 』などがあり,歌舞伎では『金門五三桐』『艶競 (はでくらべ) 石川染』が有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いしかわ‐ごえもん〔いしかはゴヱモン〕【石川五右衛門】
安土桃山時代の伝説的大盗賊。文禄3年(1594)京都三条河原で釜煎(かまい)りの刑に処せられたという。歌舞伎「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」、浄瑠璃「傾城吉岡染(けいせいよしおかぞめ)」などに登場する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石川五右衛門 いしかわ-ごえもん
?-1594 織豊時代の盗賊。
三好氏の家臣石川明石の子とする説,遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松の生まれで前名を真田八郎とする説がある。京都をあらし,豊臣秀吉の命をうけた前田玄以(げんい)に捕らえられる。文禄(ぶんろく)3年8月23日三条河原で子の一郎と釜ゆでの刑に処された。享年は37歳といわれる。浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎,読み本などで脚色され,魁偉(かいい)な大盗,義賊と喧伝(けんでん)され,また五右衛門風呂の名の由来となる。
【格言など】石川や浜の真砂(まさご)は尽くるとも世に盗人の種は尽くまじ(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いしかわごえもん【石川五右衛門】
?‐1594(文禄3)
安土桃山時代の盗賊の頭目。豊臣政権に反発する義賊というのは江戸時代の浄瑠璃や歌舞伎において粉飾された説で,《言経卿記》《豊臣秀吉譜》,アビラ・ヒロン《日本王国記》などによれば凶悪な窃盗である。1594年8月23日親子党類ともに京都三条河原で極刑に処された。出身地には諸説があり一定しないが,河内・丹後伊賀などの説が有力のようである。【岩沢 愿彦】 石川五右衛門の実在は疑えないところであるが,〈義賊五右衛門〉の名と人間像が広く定着するにいたったについては,江戸時代の大衆芸能の影響が大きいとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしかわごえもん【石川五右衛門】
安土桃山時代の伝説的な盗賊。1594年、子とともに釜煎かまいりの刑に処せられたという。浄瑠璃「釜淵双級巴かまがふちふたつどもえ」、歌舞伎「楼門五三桐さんもんごさんのきり」など多くの作品の題材とされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

石川五右衛門
いしかわごえもん
生没年不詳。安土(あづち)桃山時代の大盗賊。その伝記は明確でないが、一説に遠州(静岡県)浜松の生まれで、初め真田(さなだ)八郎といい、1594年(文禄3)37歳のとき捕らえられ、京都・三条河原で一子とともに釜茹(かまゆで)の刑に処せられたという。盗賊ながら、この空前絶後の極刑に、太閤(たいこう)豊臣(とよとみ)秀吉の命をねらったという巷説(こうせつ)が付加されて有名となり、浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)脚本に数多く脚色され、一大系統になった。劇化の最初といわれるのは貞享(じょうきょう)(1684~1688)ごろ松本治太夫(じだゆう)の語った『石川五右衛門』で、浄瑠璃では近松門左衛門作『傾城吉岡染(けいせいよしおかぞめ)』(1712)、並木宗輔(そうすけ)作『釜淵双級巴(かまがふちふたつどもえ)』(1737)、並木正三作『石川五右衛門一代噺(ばなし)』(1767)、若竹笛躬(ふえみ)ら作『木下蔭狭間合戦(このしたかげはざまのかっせん)』(1789)、歌舞伎では並木五瓶(ごへい)作『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』(1778)をはじめ、『艶競(はでくらべ)石川染』『けいせい稚児淵(ちごがふち)』などがおもな作品である。有名なのは「山門の五右衛門」で知られる『五山桐』で、これを女に書き替えたものに『けいせい浜真砂(はまのまさご)』がある。また『双級巴』と『狭間合戦』をつき混ぜ『増補(ぞうほ)双級巴』の外題で上演されることがある。明治以後も小説や戯曲に多く扱われている。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いしかわ‐ごえもん【石川五右衛門】
安土桃山時代の伝説的な盗賊。文祿三年(一五九四)京都三条河原で釜煎(い)りの刑に処せられたという。「傾城吉岡染(けいせいよしおかぞめ)」「楼門五三桐(さんもんごさんのきり)」など、多くの戯曲、小説などの題材になる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

石川五右衛門
いしかわごえもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
元禄11.1(京・亀屋座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川五右衛門
(通称)
いしかわごえもん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
釜淵双級巴 など
初演
元文3.5(大坂・あやめ座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川五右衛門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石川五右衛門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.