Rakuten infoseek

辞書

石山 健二郎【イシヤマ ケンジロウ】

20世紀日本人名事典

石山 健二郎
イシヤマ ケンジロウ

大正・昭和期の俳優



生年
明治36(1903)年10月10日

没年
昭和51(1976)年5月10日

出生地
広島市

本名
石山 繁一

学歴〔年〕
修道中卒

経歴
大正11年新国劇に入団、時代劇平手造酒」「国定忠治」などで舞台の持ち役を好演、また「黒い潮」「消えた中隊」などの現代劇でも堅実な脇役ぶりを発揮した。昭和26年「夏祭三度傘」から映画にも進出、37年に劇団を退団してからは「座頭市逆手斬り」「白い巨塔」「天国と地獄」「日本のいちばん長い日」などに出演し、映画界でも幅広く活躍。坊主頭猪首のがっちりした体格で、太っ腹の親分といった役柄が多かった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

石山 健二郎
イシヤマ ケンジロウ

職業
俳優

本名
石山 繁一

生年月日
明治36年 10月10日

出生地
広島県 広島市

学歴
修道中卒

経歴
大正11年新国劇に入団、時代劇「平手造酒」「国定忠治」などで舞台の持ち役を好演、また「黒い潮」「消えた中隊」などの現代劇でも堅実な脇役ぶりを発揮した。昭和26年「夏祭三度傘」から映画にも進出、37年に劇団を退団してからは「座頭市逆手斬り」「白い巨塔」「天国と地獄」「日本のいちばん長い日」などに出演し、映画界でも幅広く活躍。坊主頭、猪首のがっちりした体格で、太っ腹の親分といった役柄が多かった。

没年月日
昭和51年 5月10日 (1976年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石山 健二郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石山 健二郎の関連情報

他サービスで検索

「石山 健二郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.