Rakuten infoseek

辞書

石塚竜麿【イシヅカタツマロ】

デジタル大辞泉

いしづか‐たつまろ【石塚竜麿】
[1764~1823]江戸中期の国語学者。遠江(とおとうみ)の人。本居宣長(もとおりのりなが)弟子。「古言清濁考(こげんせいだくこう)」「仮名遣奥山路(かなづかいおくのやまじ)」をし、上代特殊仮名遣い研究の先駆となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石塚竜麿 いしづか-たつまろ
1764-1823 江戸時代中期-後期の国学者。
明和元年生まれ。生家遠江(とおとうみ)(静岡県)敷知郡の大庄屋内山真竜(またつ),本居宣長(もとおり-のりなが),本居春庭(はるにわ)にまなぶ。「かなつかひおくの山路」「古言清濁考」など古代の特殊かなづかいの研究で業績をのこした。文政6年6月13日死去。60歳。名ははじめ矩慶(のりよし)。通称は安右衛門。屋号は槙屋()(まきのや)。著作はほかに「万葉集漂柱(みおつくし)」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いしづかたつまろ【石塚竜麿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いしづかたつまろ【石塚竜麿】
1764~1823 江戸後期の国学者。遠江とおとうみの人。本居宣長の門人。万葉仮名の用法を調査して上代特殊仮名遣いを発見。著「仮字遣奥山路」「古言清濁考」「科戸風」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石塚竜麿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石塚竜麿の関連情報

関連キーワード

ボルテールベートーベンミツケーウィチウェーラー芸者レザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.