Rakuten infoseek

辞書

石井 漠【イシイ バク】

20世紀日本人名事典

石井 漠
イシイ バク

大正・昭和期の舞踊家



生年
明治19(1886)年12月25日

没年
昭和37(1962)年1月7日

出生地
秋田県下岩川村(現・山本郡山本町下岩川)

本名
石井 忠純

別名
前名=石井 林郎

学歴〔年〕
秋田中中退

主な受賞名〔年〕
文部大臣賞〔昭和29年〕「人間釈迦」

経歴
日本の創作舞踊の先覚者。明治44年帝劇歌劇部第1期生になり、G.V.ローシーからダンス・クラシックを学び、石井林郎の名で帝劇オペラに出演した。大正5年退団し、山田耕筰の移動劇団「新劇場」に参加、自分の創作舞踊を「舞踊詩」と命名して発表するが理解されなかった。11年〜15年海外で真価を問うべく欧米巡業、成功をおさめ、“ニジンスキーに匹敵する”と評された。昭和3年東京・自由が丘石井漠舞踊研究所を設立、石井みどりらほか多くの後進を育て創作舞踊を根づかせた。全日本芸術舞踊協会(のち現代舞踊協会)初代会長。代表作に「山に登る」「人間釈迦」など。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

石井 漠
イシイ バク

職業
舞踊家

専門
創作バレエ

本名
石井 忠純

別名
前名=石井 林郎

生年月日
明治19年 12月25日

出生地
秋田県 山本郡下岩川村(三種町)

学歴
秋田中中退

経歴
日本の創作舞踊の先覚者。明治44年帝劇歌劇部第1期生になり、G.V.ローシーからダンス・クラシックを学び、石井林郎の名で帝劇オペラに出演した。大正5年退団し、山田耕筰の移動劇団「新劇場」に参加、自分の創作舞踊を「舞踊詩」と命名して発表するが理解されなかった。11年〜15年海外で真価を問うべく欧米巡業、成功をおさめ、“ニジンスキーに匹敵する”と評された。昭和3年東京・自由が丘に石井漠舞踊研究所を設立、石井みどり他多くの後進を育て創作舞踊を根づかせた。全日本芸術舞踊協会(現代舞踊協会)初代会長。代表作に「山に登る」「人間釈迦」など。

受賞
文部大臣賞〔昭和29年〕「人間釈迦」

没年月日
昭和37年 1月7日 (1962年)

家族
妹=石井 小浪(舞踊家),長男=石井 歓(作曲家),三男=石井 真木(作曲家),娘=石井 カンナ(舞踊家),孫=石井 淳(作曲家)

親族
姪=石井 綾子(舞踊家),長男の妻=石井 はるみ(舞踊家)

伝記
舞踊家 石井漠の生涯―ノンフィクション講座 緑川 潤 著(発行元 無明舎出版 ’06発行)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

石井 漠 (いしい ばく)
生年月日:1886年12月25日
大正時代;昭和時代の舞踊家
1962年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井 漠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石井 漠の関連情報

他サービスで検索

「石井 漠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.