Rakuten infoseek

辞書

石井 小浪【イシイ コナミ】

20世紀日本人名事典

石井 小浪
イシイ コナミ

大正・昭和期の舞踊家



生年
明治38(1905)年3月15日

没年
昭和53(1978)年2月9日

出生地
東京

本名
高原 千代

経歴
15歳の時、義兄石井漠に踊りを習い、大正11年帝劇での石井漠渡欧記念舞踊公演「沈める寺」「若きケンタウルとニンフ」で初舞台を踏んだ。同年暮れ、石井漠と同行渡欧、ヨーロッパ各地で日本の創作舞踊を披露。15年4月アメリカを回って帰国、その後は石井漠舞踊詩研究所に属し、崔承喜らと共に石井漠諸作品に出演。昭和3年独立し、同年9月30日、石井小浪舞踊研究所第1回公演を行い、以後自由が丘で舞踊教育に専心した。門下から谷挑子、アキコ・カンダ、石井綾子、佐藤典子ら多くの第一線舞踊家を輩出した。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

石井 小浪
イシイ コナミ

職業
舞踊家

本名
高原 千代

生年月日
明治38年 3月15日

出生地
東京

経歴
15歳の時、義兄石井漠に踊りを習い、大正11年帝劇での石井漠渡欧記念舞踊公演「沈める寺」「若きケンタウルとニンフ」で初舞台を踏んだ。同年暮れ、石井漠と同行渡欧、ヨーロッパ各地で日本の創作舞踊を披露。15年4月アメリカを回って帰国、その後は石井漠舞踊詩研究所に属し、崔承喜らと共に石井漠諸作品に出演。昭和3年独立し、同年9月30日、石井小浪舞踊研究所第1回公演を行い、以後自由が丘で舞踊教育に専心した。門下から谷挑子、アキコ・カンダ、石井綾子、佐藤典子ら多くの第一線舞踊家を輩出した。

没年月日
昭和53年 2月9日 (1978年)

親族
義兄=石井 漠(舞踊家)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

石井 小浪 (いしい こなみ)
生年月日:1905年3月15日
大正時代;昭和時代の舞踏家
1978年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井 小浪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石井 小浪の関連情報

他サービスで検索

「石井 小浪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.