Rakuten infoseek

辞書

石井庄助【いしい しょうすけ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

石井庄助 いしい-しょうすけ
1743-? 江戸時代中期の蘭学者。
寛保(かんぽう)3年生まれ。オランダ通詞馬田家の養子となり,清吉(せいきち)と称し,明和8年小通詞末席に昇進。天明6年辞職して大槻玄沢(おおつき-げんたく)に同行して江戸にでる。石井恒右衛門,ついで庄助と改名し,松平定信につかえる。稲村三伯(さんぱく),宇田川玄随らにオランダ語をおしえた。肥前長崎出身。本姓は石津。名は当光(あつみつ)。訳書に「遠西軍器考」(1799)など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石井庄助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

石井庄助の関連情報

関連キーワード

ルクレールツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト

他サービスで検索

「石井庄助」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.