Rakuten infoseek

辞書

短音階【たんおんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

短音階
たんおんかい
minor scale
音楽用語。全音階一種で,音階の第3音が主音と短3度を形成する音階。基本形である自然的短音階は第2音と3音,5音と6音が短2度を形成する。しかし,この音階は上行導音をもたないため第7音を半音高めることがある (和声的短音階) 。さらにその際,第6,7音間に生じる増2度を回避するため,第6音も半音上げることがある (旋律的短音階) が,下行の場合は導音は不要になるため自然的短音階と同形。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐おんかい【短音階】
全音階のうち、主音と第3音とが短3度をなす音階。第6音および第7音の違いによって、自然的短音階和声的短音階旋律的短音階の3種がある。⇔長音階

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんおんかい【短音階 minor scale】
短調の音階。短旋法ともいう。イ音上の全音階のオクターブ(イ・ロ・ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ)で最も単純に表される。長調【土田 英三郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんおんかい【短音階】
西洋音楽で常用される二種の七音音階の一。階名でラを主音とする。ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラと並ぶ自然的短音階を基本形とし、やや変形した旋律的短音階と和声的短音階が多く使われる。 ⇔ 長音階短調

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

短音階
たんおんかい
minor scale英語
Molltonleiterドイツ語
全音階の一つで、長音階に相対するもの。音階の第三度に短三度をもつことを特徴とする。短音階には次の3種がある。(1)自然的短音階 教会旋法のエオリア旋法に由来するもので、全音階的なもの。(2)和声的短音階 自然的短音階の第七音を半音高めて、上向導音の形としたもの。(3)旋律的短音階 上行進行において第六音と第七音を半音高め、下行進行においては自然的短音階と同じ形をとるもの。[南谷美保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐おんかい【短音階】
〘名〙 音階の一種。音階の第二音と第三音、第五音と第六音との間が半音で、その他が全音であるもの。自然的短音階を基本形とし、やや変形した和声的短音階、旋律的短音階がある。短。⇔長音階。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

短音階」の用語解説はコトバンクが提供しています。

短音階の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.