Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

知恩院【ちおんいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

知恩院
ちおんいん
京都市東山区にある浄土宗総本山華頂山大谷寺と号す。勢観房源智法然の住した南禅院 (大谷禅房) の地に文暦1 (1234) 年に堂宇建立し,法然を開山としたという。足利氏徳川氏帰依あつく,寺門が大いに興隆した。慶長 15 (1610) 年に徳川家康の奏請によって後陽成天皇の第8皇子良純法親王を迎えて浄土宗の上首となった。たびたび火災にあったが,現今の堂宇は寛永 16 (39) 年に徳川家光が再建したもので,うぐいす張りの廊下は有名。『法然上人絵伝』などの国宝を蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちおん‐いん〔‐ヰン〕【知恩院】
京都市東山区にある浄土宗の総本山。正しくは華頂山大谷寺知恩教院開創は承安5年(1175)、法然が結んだ吉水の室に始まり、入寂後の文暦元年(1234)源智が諸堂を建立、知恩院大谷寺と号した。現在の堂宇は寛永10年(1633)の焼失後、徳川家光再興による。本堂と三門は国宝。また、国宝の「法然上人絵伝」など多数の文化財所蔵。吉水禅房。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

知恩院
△京都府京都市東山区▽にある寺院。浄土宗総本山。正称「華頂山知恩教院大谷寺」。本尊阿弥陀如来と法然上人御影(みえい)。法然入寂後に弟子が建てた廟堂起源。国宝の三門、御影堂ほか、数多くの文化財を保有する。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちおんいん【知恩院】
京都市東山区にある浄土宗の総本山。華頂山大谷寺と号し,知恩教院ともいう。浄土宗の開祖法然が晩年に住んだ〈大谷の禅房〉に始まる。1212年(建暦2)法然が没すると,弟子らは禅房の東崖上に廟堂(びようどう)()を造り,法然の御影(みえい)(像)を置き,法然の命日にはこの廟堂で法然の遺徳を讃嘆する〈知恩講〉を営んだ。27年(安貞1)専修念仏の隆盛をねたむ延暦寺衆徒によって廟堂が破壊されたが,法然の弟子の源智が修復した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちおんいん【知恩院】
京都市東山区林下町にある浄土宗総本山。正しくは華頂山智恩教院大谷寺。比叡山を下った法然が専修念仏を唱えて庵を結んだのに始まる。その死後、弟子の源智が堂宇を建立。徳川家康が生母の菩提のため、壮大な伽藍がらんを建立。「法然上人絵伝」などを所蔵。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

知恩院
ちおんいん
京都市東山(ひがしやま)区林下(りんか)町にある浄土宗の総本山。正しくは華頂山(かちょうざん)知恩教院大谷寺(おおたにでら)という。法然上人(ほうねんしょうにん)源空(げんくう)は西山広谷(にしやまひろだに)の庵室(あんしつ)をここに移して念仏道場とし、別に西の旧房、東の新房をもって門弟の房舎にあて専修(せんじゅ)念仏の道場としたのに始まる。1211年(建暦1)法然は四国の流罪(るざい)から入京を許されたが、ここが荒廃していたため、慈円(じえん)が南禅院(大谷禅房)を斡旋(あっせん)し、翌年ここで入寂(にゅうじゃく)した。信空らの門弟によって住坊のそばに廟堂(びょうどう)が建てられたが、1227年(安貞1)山門の衆徒により破却されようとしたため、ひそかに遺骸(いがい)を嵯峨(さが)に移し、粟生野(あおの)(長岡京市)で荼毘(だび)に付し、ついで湛空(たんくう)が小倉(おぐら)山に雁塔(がんとう)を建てたという。その後、1234年(文暦1)に源智(げんち)が大谷の霊蹟(れいせき)を復興し、知恩院大谷寺と号した。しかし室町末期の応仁(おうにん)の乱で焼失し、一時、伊香立(いかだつ)に難を避けたのち、1478年(文明10)ごろ住持珠琳(じゅりん)が朝野の奉加を得て再興し、88年(長享2)青蓮院尊応(しょうれんいんそんのう)から敷地、山林などを還付された。1523年(大永3)知恩寺との間に論争があったが、尊鎮(そんちん)の援助により落着し、浄土宗総本寺となった。
 この後、朝廷、貴族との交渉も多く、勅願所となって紫衣(しえ)を許され、さらに織田信長、豊臣(とよとみ)秀吉らにより寺領が加増されて経済的基盤も確立した。徳川家康は、生母伝通(でんずう)院の菩提(ぼだい)のため大伽藍(がらん)の建立を発願し、諸堂が完備されて壮大な規模の寺院となった。さらに宮門跡(みやもんぜき)を申請し、1619年(元和5)良純(りょうじゅん)法親王以後続いたが、明治維新で廃絶。1633年(寛永10)失火焼亡したが、徳川家光(いえみつ)が再興を命じ、前後8年を費やして倍旧の伽藍が完成、東山景勝の地に広大な寺域を占めるに至った。維新の上地で一時窮乏したが、漸次復興し、1887年(明治20)知恩院門主を浄土宗管長とするようになった。
 入口の三門(国宝)は1621年の建立で、現存する三門中最大のものである。本堂(国宝)は法然上人の御影(みえい)を祀(まつ)り御影堂とよばれる。本堂軒裏の「忘れ傘」は名高い。本堂から鶯張(うぐいすば)りの廊下を過ぎると大方丈(ほうじょう)、小方丈(ともに国指定重要文化財)があり、これらは江戸初期の狩野(かのう)派の絵師による襖絵(ふすまえ)によって飾られている。このほか宋(そう)版『大蔵経(だいぞうきょう)』を収納する経蔵(転輪蔵(てんりんぞう))、法然入寂の地に建つ勢至(せいし)堂(本地堂)、唐門などがあり、いずれも国重要文化財に指定されている。寺宝には、国宝の『法然上人絵伝』(48巻、鎌倉時代)、『阿弥陀二十五菩薩来迎(あみだにじゅうごぼさつらいごう)図』(鎌倉時代、『早来迎(はやらいごう)』とよばれる)、『菩薩処胎経(ぼさつしょたいきょう)』(中国・西魏(せいぎ)代)、『大楼炭(だいるたん)経』(中国・唐代)、『上宮聖徳(じょうぐうしょうとく)法王帝説』(平安時代)のほか、彫刻、古文書など多くの文化財があり、浄土宗の宝庫といった感がある。[玉山成元]
『藪内彦瑞編『知恩院史』(1937・知恩院) ▽藤堂恭俊著『知恩院』(1974・教育新潮社) ▽梅原猛・岸俊宏著『知恩院』(1977・淡交社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちおん‐いん ‥ヰン【知恩院】
京都市東山区林下町にある浄土宗の総本山。山号は華頂山。承安五年(一一七五)法然が西山広谷に草庵を結び念仏道場としたのに始まる。しばしば兵火にあったが室町末期に再興。慶長八年(一六〇三)徳川家康の帰依をうけ、以後隆盛をきわめた。元和五年(一六一九)後陽成天皇の皇子、良純法親王が入寺、以来明治維新まで門跡寺となる。法然上人絵伝、阿彌陀二十五菩薩来迎図などの国宝がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

知恩院
ちおんいん
京都市東山区にある浄土宗総本山
1212年法然がこの地で没したのち,'34年弟子の源智が廟所を修理して知恩院と称したのが始まり。江戸初期,浄土宗徒徳川家康の保護をうけて勢力を拡張した。建造物に文化財が多く,『法然上人絵伝』も有名。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恩院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

知恩院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.