Rakuten infoseek

辞書

矢銭【やせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢銭
やせん
戦国時代,幕府諸大名によって賦課された軍資金名称。南北朝時代以来の兵粮料が恒常化するにつれて,新たに臨時の賦課税として銭が課されるようになった。賦課の基準農村では反別 (たんべつ) ,都市では棟別であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

や‐せん【矢銭】
《矢の費用戦国大名などが賦課した軍用金。農村では反別を基準とした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やせん【矢銭】
戦国時代,武将によって課せられた軍用金をいう。すでに軍用米・金としては兵粮料(ひようろうりよう)があったが,これは恒常化する傾向にあり,そこで新たに臨時賦課の矢銭ができた。織田信長が入洛したとき,摂津・和泉に矢銭をかけ,とくにに2万貫,石山本願寺に5000貫を課したことは著名。また都市の特権として矢銭・兵粮米銭の免除があげられている。【脇田 修】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

矢銭
やせん
戦国期に大名・武将が臨時に課した軍事費用。京都醍醐(だいご)寺理性院(りしょういん)の僧厳助(ごんじょ)〔「げんじょ」ともいう〕の日記である『厳助往年記』の1546年(天文15)8月の記録によると、三好孫二郎(みよしまごじろう)は、同年5月の山城(やましろ)国田原(たわら)成敗の際に、田原七郷に対して棟別に矢銭を課している。また織田信長が、1568年(永禄11)9月に足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて入京し、翌月に堺(さかい)に2万貫、本願寺に5000貫など、摂津(せっつ)・和泉(いずみ)2か国で矢銭を課したのは有名である。矢銭は棟別(家別)に課されたもののほかに、段別(土地面積別)に課されたものもある。[鈴木敦子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

や‐せん【矢銭】
〘名〙 (矢の費用の意) 戦国武将などが一般庶民に軍用として課した金。軍用金。
※厳助大僧正記‐下・天文一五年(1546)八月朔日「当郷え矢銭之儀申懸候時」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢銭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.