Rakuten infoseek

辞書

矢内原事件【やないはらじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

矢内原事件
やないはらじけん
1937年日中戦争勃発の年に起った東京大学経済学部教授矢内原忠雄に対する思想弾圧事件。彼は『中央公論』9月号に日本の軍国主義に対する婉曲批判を内容とした『国家の理想』を発表,当局により全面削除処分となった。経済学部内の土方成美,田辺忠男ら国家主義的教授たちは,同年 11月矢内原を思想不穏者であると非難し,強く辞職を迫った。これに対し大内兵衛教授らは,東大に対する政府の政治的圧力一環であるとして長与又郎総長説得に乗出したが,文部大臣からの総長への圧力もあって成功せず,同年 12月矢内原は辞表を提出,大学を去った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やないはらじけん【矢内原事件】
1937年,矢内原忠雄が思想的理由で大学を辞職させられた事件。東京帝大経済学部教授矢内原忠雄は,日中全面戦争開始に当たり戦争批判の論文《国家の理想》を《中央公論》(1937年9月号)に執筆したが,同論文は検閲で削除処分に付せられた。しかし経済学部教授会で土方成美同学部長は突然この論文を議題としてとり上げ,反戦的言論であると批判し,翌日の新聞はこの教授会の議事を報道した。矢内原の辞職を阻止しようとする大内兵衛らは長与又郎総長への説得工作に当たり,長与総長も一時は説得に応じたが,その後新たに,矢内原の講演《神の国》における〈……この国を葬って下さい〉の言葉が問題とされるに及んでこの説得も効を奏せず,37年12月1日矢内原は辞職した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社日本史事典 三訂版

矢内原事件
やないはらじけん
1937年,東大教授矢内原忠雄(1893〜1961)が弾圧された事件
矢内原は日本の帝国主義的植民政策を実証的に究明し,この分野学問を社会科学として確立した。たまたま『中央公論』に掲載された軍部の戦争政策を批判する彼の論文に対し,国家主義的教授土方成美らは,思想不適当として辞職を強要文相からも長与又郎東大総長に圧力が加わり,1937年12月辞職した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢内原事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

矢内原事件の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.