Rakuten infoseek

辞書

【キ】

デジタル大辞泉

き【着】
着ること。着るもの。〈名義抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ【着】
[語素]《動詞「き(着)る」の連用形が名詞化した「き(着)」から》名詞の下に付いて、そのような物事のために着る物の意を表す。「肌」「上」「晴れ」「訪問

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゃく【着】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃく【着/著】
[名]目ざす場所に行き着くこと。到着。「東京―一〇時の列車」⇔発(はつ)
[接尾]助数詞。
到着の順番を数えるのに用いる。「三―で銅メダルを獲得した」
衣類などを数えるのに用いる。「スーツを一―新調したい」
囲碁で、石を打つ回数を示すときに用いる。「第一―を天元に打つ」「ちょ(著)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃく【着】[漢字項目]
[音]チャク(漢) ジャク(ヂャク)(呉) [訓]きる きせる つく つける
学習漢字]3年
〈チャク〉
衣服などを身につける。「着衣着脱着帯着用
ぴったりとくっつける。くっつく。つく。「着床着色着氷吸着膠着(こうちゃく)接着定着土着撞着(どうちゃく)粘着付着密着癒着恋着
ある場所に届く。行きつく。「着信着任着陸先着到着発着漂着未着
決まりがつく。落ちつく。「着実決着沈着落着
一点に注目する。「着意着眼着想着目
囲碁で、石を打つこと。「失着正着敗着
〈ジャク〉心がとらわれる。「愛着執着頓着(とんじゃく)
〈き(ぎ)〉「着物厚着上着冬着古着水着
[補説]もとは「著」の俗字。語例は「チャク」とも読む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゃく【着】
[1]
行きつくこと。到着。 ⇔ 八時- 東京-
接尾
助数詞。
衣服を数えるのに用いる。 夏服五-
競技で、到着の順序を数えるのに用いる。 一-でゴールイン
囲碁で、石を打つ回数を数えるのに用いる。 第一-をおろす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き【着】
〘名〙 (動詞「きる(着)」の連用形名詞化) 着ること。また、着るもの。
※神楽歌(9C後)宮人「〈本〉宮人の おほよそごろも 膝とほし〈末〉膝とほし 支(キ)の宜しもよ おほよそごろも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぎ【着】
語素〙 (動詞「きる(着)」の連用形の名詞化「き(着)」から) きもの。「外出着」「肌着」「晴れ着」「上着」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き・す【着】
〘他サ下二〙 ⇒きせる(着)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け・す【着】
〘他サ四〙 (動詞「きる(着)」に上代の尊敬の助動詞「す」が付いて音の変化したもの) 「着る」の尊敬語。お召しになる。
※古事記(712)中・歌謡「さ寝むとは 吾はすれど 汝が祁勢(ケセ)る 襲(おすひ)の裾に 月立ちにけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

着の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.