Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

着心【チャクシン】

デジタル大辞泉

ちゃく‐しん【着心】
《「ぢゃくしん」とも》執着する心。物事にとらわれてこだわる心。執心。
「人間に―の深かりし咎(とが)」〈太平記・三五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き‐ごころ【着心】
着心地(きごこち)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐ごころ【着心】
〘名〙 衣服を着た時の感じや具合。着ごこち。着ぐあい。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)下「恋とこそでは一もやう、身に引しめてあふてこそ、ね心もよく、着心もよく」
※寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「洋服でなければ着(キ)ごころがわるいの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゃく‐しん【着心】
〘名〙 (「ぢゃくしん」とも) 物事に深くこだわり、とらわれる心。執着する心。執心。執念。
※梵舜本沙石集(1283)四「まことしく道に入れる人は少しきの著心をもおそる」 〔摩訶止観‐一〇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

着心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

着心の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.