Rakuten infoseek

辞書

眼球【がんきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

眼球
がんきゅう
eyeball
視覚を司る末端の器官。角膜 (黒眼) と強膜 (白眼) から成る外膜,虹彩,毛様体脈絡膜から成る中膜 (ブドウ膜) ,網膜から成る内膜によって壁が構成され,その中は水晶体硝子体および眼房水で満たされている。眼球はよくカメラにたとえられる。つまり,角膜,水晶体はレンズに,ブドウ膜と強膜はカメラの暗箱に,網膜はフィルムに相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がん‐きゅう〔‐キウ〕【眼球】
脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官。眼窩(がんか)内に収まり、強膜または角膜脈絡膜網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体硝子体(しょうしたい)などが入っている。外からの光が角膜および両凸レンズ状の水晶体を通って網膜上に像を結ぶ。めだま。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

眼球
眼球状またはレンズ状の大きな鉱物粒または鉱物の集合体で,薄片で目の形に観察されるもの.これらは一般に片麻岩や破砕をまぬがれた片岩の中に見られる.これは(1) 同構造時(syntectonic)の火成岩体の班晶の流動縞による,(2) 縞状岩石での斑状変晶の成長,(3) 大きな結晶が破砕して縮小変形したもの,(4) 角礫岩化した破片が破砕して縮小変形したもの,などにより形成される[Bowes : 1989].ドイツ語でAugenは目の意味.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

眼球
 目の球状の部分.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんきゅう【眼球】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんきゅう【眼球】
脊椎動物の視覚器。眼窩がんかの中にあり、外の鞏膜きようまく・角膜、中の脈絡みやくらく膜・毛様体・虹彩こうさい、内の網膜の三層が形作る球。その内部に水晶体とガラス体がある。水晶体とその前方の角膜の間は水様液で満たされている。光線は角膜とレンズの役をする水晶体の屈折作用をうけて網膜の上に像を結び、これを視神経により脳に伝える。めだま。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐きゅう ‥キウ【眼球】
〘名〙 脊椎動物の視覚器。外層の鞏膜(きょうまく)、中層の脈絡膜、内層の網膜の三層からなり、前面では鞏膜につづく角膜と、脈絡膜に連なる虹彩と毛様体とがある。三層の内部は、前方にレンズの働きをする水晶体があり、あとはガラス体が占める。水晶体の作用で網膜上に像を結び、後方の視神経に伝えられる。眼球の運動は鞏膜についている眼筋によってなされる。広義には目一般をさす。めだま。めのたま。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼球」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眼球の関連情報

他サービスで検索

「眼球」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.