Rakuten infoseek

辞書

眼力【ガンリキ】

デジタル大辞泉

がん‐りき【眼力】
目で物を見る力。視力。がんりょく。
物事の善悪・真偽・成否などを見抜く能力。がんりょく。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐りょく【眼力】
がんりき(眼力)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がんりき【眼力】
〔「がんりょく」とも〕
事物の理非・善悪を見分ける能力。がんりょく。 「真贋しんがんを見分ける-」
視力。がんりょく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がんりょく【眼力】
がんりき(眼力)」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐りき【眼力】
〘名〙
① 目で物を見る力。視力。がんりょく。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「そらをみれば青々とみるは、天の色ではない、遠く見れば青く見るまでぞ。眼力が尽る処で青く見るぞ」
※授業編(1783)七「余近年は老て眼力(ガンリキ)うすく細字小冊の韻書は見がたき故」 〔劉禹錫‐閑坐憶楽天以詩問酒熟未詩〕
② 物事の真偽、善悪などを見分ける能力。がんりょく。
※浄瑠璃・平家女護島(1719)三「義有武士と見定し我が眼力(ガンリキ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

がん‐りょく【眼力】
※運歩色葉(1548)「眼力 ガンリョク ガンリキ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眼力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眼力の関連情報

他サービスで検索

「眼力」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.