Rakuten infoseek

辞書

眺望【チョウボウ】

デジタル大辞泉

ちょう‐ぼう〔テウバウ〕【眺望】
[名](スル)遠くを見わたすこと。また、見わたしたながめ。見晴らし。「眺望がきく山頂」「屋上から市街を眺望する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょうぼう【眺望】
( 名 ) スル
遠く見渡すこと。また、その眺め。みはらし。 「 -が開ける」 「関東平野を眼下に-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐ぼう テウバウ【眺望】
〘名〙 遠く見わたすこと。また、見わたしたおもむき。みはらし。ちょうもう。悵望。
※本朝麗藻(1010か)上・暮春与右金吾眺望施無畏寺上方〈藤原伊周〉「此時眺望忘帰路、暫作騰々閑放人
※源平盛衰記(14C前)四〇「峠に上給へば、眺望(テウバウ)殊に勝たり」 〔礼記‐月令〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐もう テウマウ【眺望】
〘名〙 (「もう」は「望」の呉音) =ちょうぼう(眺望)〔明応本節用集(1496)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

眺望」の用語解説はコトバンクが提供しています。

眺望の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.