Rakuten infoseek

辞書

真木柱/槙柱【マキバシラ】

デジタル大辞泉

まき‐ばしら【真木柱/×槙柱】
[名]檜(ひのき)や杉で作った柱。
「―作る杣人(そまびと)いささめに仮廬(かりほ)のためと作りけめやも」〈・一三五五〉
(真木柱)源氏物語第31巻の巻名。鬚黒(ひげくろ)大将が玉鬘を愛人としたために起こる家庭内の紛争を描く。また、鬚黒大将の娘の名。
[枕]真木柱は太いものであるところから、「太し」にかかる。
「―太き心はありしかどこの我(あ)が心鎮(しづ)めかねつも」〈・一九〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まき‐ばしら【真木柱】
[1] 〘名〙 杉や檜などの材で作った柱。
万葉(8C後)七・一三五五「真木柱作るそま人いささめに仮廬のためと作りけめやも」
[2] (一)は太いものであるところから、「太し」に掛かる。
※万葉(8C後)二・一九〇「真木柱太き心は有りしかどこの吾が心鎮(しづ)めかねつも」
[3]
[一] 「源氏物語」第三一帖の名。玉鬘十帖の第一〇。源氏三七歳の一〇月から翌年一一月まで。玉鬘が鬚黒(ひげくろ)の大将と結婚したあと、鬚黒の北の方の煩悶・狂乱ぶりをはじめとするさまざまの波乱と、玉鬘の尚侍(ないしのかみ)になっての出仕、鬚黒の熱愛ぶりなどを描く。
[二] 「源氏物語」の登場人物。鬚黒と北の方との間の長女。母の離婚で、母とともに祖父式部卿宮に引き取られ、父にも会えないのを嘆く。明朗な性格で、蛍兵部卿宮と結婚、その死後は紅梅大納言と再婚し、実子や連れ子を分け隔てせず育てた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まけ‐ばしら【真木柱】
〘名〙 「まきばしら(真木柱)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三四二「麻気婆之良(マケバシラ)ほめてつくれる殿のごといませ母刀自面(おめ)変りせず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真木柱/槙柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真木柱/槙柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.