Rakuten infoseek

辞書

真打【シンウチ】

デジタル大辞泉

しん‐うち【真打/心打】
寄席で最後に出演する、技量が最上級の人。また、落語家・講談師などの最高の資格。しん。→前座二つ目
(比喩的に)もっとも実力や人気のある人。「一発サヨナラの場面で真打登場」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

真打
落語家の階級の最上級。前座、二つ目、真打のだが、大阪にはこの制度はない。真打はトリ(番組の最後の演者)を取ることができる。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

しんうち【真打】
落語,講談などの一座主任,またはその格式ある者をさす。この語は,天保(1830‐44)ごろから使用されるようになった。現在は,前座,二つ目,真打と昇進するが,大正時代までは,二つ目の古参で真打目前の者を三つ目,準真打と称した。真打は,落語家などにとっての最高位にあたるが,昭和50年代に入り,東京落語界では,大量の真打を昇進させる現象がつづき,それが落語界内部でも問題となった。また東京漫才界でも真打制度をつくるなど,〈真打〉の持つ意味は少しずつ変わりつつある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

真打
しんうち
落語、講談などの興行の主任のこと。その資格をもつ位(くらい)をも含めて真打という。天保(てんぽう)年間(1830~44)から使われており、前座、二つ目を経て真打に昇進し、「師匠」とよばれるようになる。大正時代まで三つ目という呼称もあった。前座から真打になるまで10年から20年の歳月を要する。真打のなかでも大幹部のことを「大真打(おおしんうち)」「大看板(おおかんばん)」「一枚看板」などともいう。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真打」の用語解説はコトバンクが提供しています。

真打の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.