Rakuten infoseek

辞書

県令【けんれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

県令
けんれい
中国の春秋戦国期以降の郡県制のもとにおける県の長官。郡の長官である大守に対するもの。宋代以後は京官による県の長官は知県といわれ,選人によるものが県令といわれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県令
けんれい
明治4 (1871) ~1886年の間太政官制のもとでおかれた県の長官をいう。明治4年7月,従来の地方制であった府藩県制を府県制に統一し,同年 11月県治条例職制によって,府知事はそのまま知事,県知事は県令または権令と改称された。 86年7月,地方官制によって県令は廃止され知事がおかれた。また,旧地方官制のもとで,県知事の職権または特別委任によって発令された命令をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けん‐れい【県令】
昔の中国で、県の長官。
明治4年(1871)廃藩置県によって県に置かれた長官の呼び名。明治19年(1886)に知事と改称。
旧制で、県知事の発した命令。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんれい【県令】
1871年(明治4)から86年にいたる間の県の長官。廃藩置県直後302を数えた県は,1871年11月一挙に3府72県に統合され,政府任命の地方長官が赴任した。同月公布の県治条例で,県の長官は令(かみ)または権令(ごんのかみ)と称されたが,その後78年の府県官職制で府県長官の称は府知事,県令と統一された。県令は身分的に奏任四等(開港場のある県は勅任三等)に位置づけられ,任免権は太政官が握った。任用にあたっては能力重視がかかげられたものの,実際には西南雄藩の志士層が多く登用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

けんれい【県令 xiàn lìng】
中国,地方行政区画県の最高長官。春秋戦国時代から出現する県の長官は,はじめは宰,公,正など一定しなかったが,秦代郡県制の確立とともに万戸以上は県令,以下を県長とするようになった。漢の半ば以後,唐までは県令に統一され,隋・唐時代,県が7等級に分けられると,その位階にも差等が生じた。宋以後君主独裁制の発達とともに,〈天子に代わって県を知(しろしめ)す(権知県事)〉を略した知県の名が成立。武官など特殊な場合に県令が使われることになる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんれい【県令】
旧制で、県知事が出した指令。
1871年(明治4)廃藩置県に伴い、県に置かれた長官。86年知事と改称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

県令
けんれい
1871年(明治4)から86年までの県の長官。71年4月の廃藩置県後302を数えた県は同年11月一挙に72県に統合され、同月公布の県治条例で令(かみ)または権令(ごんのかみ)と称される地方長官が任命された。その後77年の府県官職制で、府県長官の称は府知事、県令と統一された。県令は身分的に奏任官または勅任官とされ、任免権は太政官(だじょうかん)が握った。県令の多くは薩長(さっちょう)を中心とする雄藩の志士出身者で、新政府の官僚として人民に君臨し、封建体制から近代国家への脱皮を図る政策を強引に遂行した。最高責任者として県内の行政事務全般を掌握したが、重要行政はすべて中央各省の許可を必要とし、専任処置を許された事項も報告の義務を課せられた。しかし、法体系の未整備、通信交通網の不全、地域差の残存という状況下で県令の自由裁量の働く余地は後世に比べて強かった。86年の地方官官制により県令は県知事となった。[大島美津子]
『大島美津子著「地方政治」(福島正夫編『日本近代法体制の形成 上巻』所収・1981・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐れい【県令】
〘名〙
① 明治四年(一八七一)から一九年までの県の長官の呼び名。同一九年の地方官制公布により知事と改称される。
※郵便報知新聞‐明治九年(1876)七月一三日「岩手県庁へ臨幸各課御通覧の後ち仮玉座へ着御、此時県令より事務条例を捧げ奉り」
② 旧制で、県知事が部内の行政事務について、その職権または特別の委任により、管内一般またはその一部に発した行政命令。この制度は地方官官制に基づくもので、昭和二二年(一九四七)に廃止された。
※風俗画報‐二三三号(1901)人事門「県令を以て、明年度より断然石灰の使用を禁止すと」
③ 郡司(ぐんじ)の唐名。
※菅家文草(900頃)四「寄雨多県令江維緒一絶」
④ 中国で県の長官の古称。〔後漢書‐和帝紀注〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

県令の関連情報

他サービスで検索

「県令」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.