Rakuten infoseek

辞書

県主【あがたぬし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

県主
あがたぬし
大化以前のの支配者。のち (かばね) の一つとなった。「記紀」や「風土記」の伝承によれば,皇室直轄地の首長,また国造 (くにのみやつこ) が支配する国の下部組織の長ともいわれる。神の霊をとどめ,託宣を聞くなど宗教的な性格を帯び,祭祀に関する機能を果したといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あがた‐ぬし【県主】
大化の改新以前、県を統治した長。朝廷直轄地の長とも、国造(くにのみやつこ)の支配下ともいう。祭祀もつかさどった。のちに姓(かばね)の一つとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

県主
 古墳時代の朝廷[ちょうてい]が直接支配していた土地(県[あがた])を、管理していた責任者のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あがたぬし【県主】
倭(やまと)王権の地方組織であったの長。県の性格そのものが,王室の直領地,国造が管する国の下級組織,あるいは評(こおり),郡の直接前身をなす行政区画と解されるなど一定せず,県主の理解もなお定まっていない。しかし高市県主許梅(こめ)が壬申の乱中に神託を下し,また県主神社,県神社が祭られたなど,県主に司祭者的色彩がつよい。《延喜式》祝詞にみえる大和の六御県(むつのみあがた)が供御料地とされ,山背の葛野県主が殿部(とのもり),水部(もいとり)となって奉仕したとあるように,王室への従属性は明らかである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あがたぬし【県主】
大化前代、県を統治した者。のち、姓かばねの一つとなった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

県主
あがたぬし
古代、大和(やまと)王権の地方制度県(あがた)を支配した首長で、のちに姓(かばね)となる。大和王権の直轄領となった県から、その特産物を朝廷に納め、また県の神社を管理した。山城(やましろ)(京都府)の鴨(かも)県主は、賀茂(かも)神社(現在の上賀茂神社、下鴨神社の前身)を祀(まつ)り、その地域の農耕を管理していた。そのかたわら、宮廷の神事にも携わり、天皇即位の大嘗祭(だいじょうさい)には、灯を掲げて夜間祭事の案内役を勤めた。このことがもとになって、鴨県主が祀る八咫烏(やたがらす)が、神武(じんむ)天皇の道案内役を勤めたという、『古事記』『日本書紀』の話が生まれたといわれる。このように、県主のなかには宮中の神事と関係の深い例も少なくない。[原島礼二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

県主の関連情報

他サービスで検索

「県主」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.