Rakuten infoseek

辞書

【しょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しょう
(1) 律令制で,太政官に属した役所。中務省式部省治部省民部省兵部省刑部省大蔵省宮内省の8省があり,職員には卿,輔,丞,録以下が置かれた。
(2) 国の行政機関の一つ。長は大臣である。省の設置,廃止,所掌事務の範囲,権限は法律で定められる (国家行政組織法) 。総務省法務省外務省財務省文部科学省厚生労働省農林水産省経済産業省国土交通省環境省防衛省の 11省がある。各省には,内部部局として官房,局,課,室などが置かれる。また外局地方支分部局審議会施設等機関特別の機関が設置されることもある。
(3) 中国の最高行政区画名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう〔シヤウ〕【省】
明治2年(1869)の官制改革で設けられた政府の中央行政機関。その後、内閣制度に受け継がれ、現在は法務外務財務文部科学厚生労働農林水産経済産業国土交通総務環境防衛の11省。大臣を長とする。
律令制で、太政官(だいじょうかん)に属した中央官庁の称。中務(なかつかさ)式部治部民部兵部(ひょうぶ)刑部(ぎょうぶ)大蔵宮内八省
中国で、古代の中央政府または中央官庁。
中国の行政区画の一。地方行政区画のうち最上位のもの。代に始まり現在に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【省】[漢字項目]
[音]セイ(漢) ショウ(シャウ)(呉) [訓]かえりみる はぶく
学習漢字]4年
〈セイ〉
振り返ってよく考えてみる。「省察三省自省内省反省
安否をたずねる。「帰省
はぶく。「省文
〈ショウ〉
中央官庁。「本省
中国の行政区画の一。「省都山東省
はぶく。「省力省略
[名のり]あきら・かみ・み・みる・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょう【省 shěng】
中国の最高行政区画の名称。省の原義は宮中のことで,魏・晋のころから禁中におかれた天子の秘書室を中書省尚書省などと呼ぶようになった。13世紀,モンゴル王朝は支配領域の拡大とともに,中央政府中書省の出先機関として行中書省,略して行省を各地に置いた。これが南宋の併合ののち,広い行政区域を持つ独立官庁となり,その管轄区域を省と呼ぶようになる。13世紀末には元帝国の領域は,河北,山西,山東は腹裏といって大都の中書省が直轄するほか,河南陝西,四川,甘粛遼陽,江浙,江西,湖広,雲南の9行省があり,のちモンゴリアの嶺北行省が加わった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょう【省】
国の基本的な行政機関。明治初期に大宝令にならって採用されて以来用いられている名称。第2次世界大戦後の行政組織の基本法である国家行政組織法の下では,府と省が基本的な行政機関であり,現在,1府(総理府のみ),12省(法務省,外務省,大蔵省,文部省厚生省,農林水産省,通商産業省運輸省郵政省労働省建設省自治省)が設置されている。これらが内閣の統轄の下に行政事務を分担し,全体として国の行政組織を構成する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょう【省】
国の中央行政機関。総務・法務・外務・財務・文部科学・厚生労働・農林水産・経済産業・国土交通・環境の一〇省があり、内閣の統轄の下に行政事務を分担する。大臣を長とする。
律令官制の一。中務なかつかさ・式部・治部・民部・兵部・刑部ぎようぶ・大蔵・宮内くないの八省があり、太政官に属した。
中国、唐代以降、中央の最高官庁。 → 三省
中国の行政区画の、最も大きな単位。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう シャウ【省】
〘名〙
令制での官制の一つ。太政官に属し、中務、式部、治部、民部、兵部、刑部、大蔵、宮内の八省がある。職員として、卿、大・少輔、大・少弁、大・少主典(だい・しょうさかん)などが置かれた。
② 明治二年(一八六九)の官制改革で設けられた中央行政機関。同一八年の内閣制度に引き継がれ、変遷を経たのち、昭和二三年(一九四八)制定の国家行政組織法によって、法務、外務、大蔵、文部、厚生、農林(のち農林水産)、通商産業、運輸、郵政、労働、建設、自治の一二の省が置かれ、平成一三年(二〇〇一)には再編されて、総務、法務、外務、財務、文部科学、厚生労働、農林水産、経済産業、国土交通、環境の十の省となった。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「いつしかさる省(シャウ)へ召出されつ」
③ 古代中国で、中央政府、中央官庁の呼び名。とくに、中書省をさす。〔新唐書‐百官志〕
④ 中国の行政区画の一つ。地方行政区画のうち、最上位のもの。元のころ、中書省の地方機関として行中書省(行省)を置き、その地方の行政をつかさどったことから、地方行政区の名称となった。現在は区の管轄のもとに置かれている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・す【省】
〘他サ変〙 ⇒せいする(省)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐・する【省】
〘他サ変〙 せい・す 〘他サ変〙
① 自分の行ないなどをかえりみる。反省する。
※足利本論語抄(16C)学而第一「此三つを日に三つ省するぞ」
② 様子を問う。様子を問うために尋ねる。特に、親を見舞う。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「僕が行って母を省(セイ)する毎に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はぶ・く【省】
[1] 〘他カ五(四)〙
① 不要のもの、あるべからざるものとして取り除く。いらないものとして排除する。
※新訳華厳経音義私記(794)「筆削 下音、刪玄也、刪音讚、訓波夫久、筆謂増益也」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)三「連の悪者共をはぶかんが為」
② 簡単・簡素にするために、全体から一部を減らす。簡略にする。倹約する。省略する。
※源氏(1001‐14頃)帚木「家のうちに、足らぬ事など、はた、なかめるままに、はぶかず」
※鳥羽家の子供(1932)〈田畑修一郎〉「面倒を省く為に」
③ 分かち与える。分配する。
※平家(13C前)七「かの庄園を没取(もっしゅ)して、みだりかはしく子孫にはぶく」
④ 仲間から除く。仲間はずれにする。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)三「おいらも跡で連中をはぶかれても仕方がねへ」
[2] 〘他カ下二〙 身だしなみなどを省略する。手を抜く。
※早雲寺殿廿一箇条(17C初)七条「髪をばはやくゆふべし。はふけたる躰にて人々にみゆる事慮外、又つたなきこころ也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.