Rakuten infoseek

辞書

相隣関係【そうりんかんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相隣関係
そうりんかんけい
Nachbarverhältnis
隣接する不動産所有権相互の関係。民法はそれぞれの不動産利用調整のため相隣者の権利について規定をおいている (209~238条) が,相隣者間は契約によって民法の規定と別の取決めができるほか,建築基準法などの特別法や,慣習が優先することも少くない (民法 217,228,236) 。相隣関係の規定により隣接者の不動産利用のための権利に加えられる制限はあくまでも相互の権利行使の調整を目的にするもので,制限によって生じる損失に対しては償金請求権の認められることが多い (209条2項,212,222条1項,232条) 。民法の相隣関係に関する規定は,隣地の立入り (使用) および通行 (209~213条) ,排水および流水利用 (214~222条) ,境界の界標,囲障などの設置およびその所有関係 (223~232条) ,境界付近の建物工作物の設置制限など (234~238条) についてである。今日の社会生活をめぐっては 1896年制定の民法が予定しなかった相隣者間の問題も少なからず生じている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうりん‐かんけい〔サウリンクワンケイ〕【相隣関係】
隣接する不動産所有者の間で、隣地の通行・排水・境界などについて相互の不動産の利用を調整し合う関係。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうりんかんけい【相隣関係 Nachbarverhältnis[ドイツ]】
およそ土地・建物の利用は,隣接土地・建物に相互的に影響しあう。民法は,各土地・建物の利用を十分ならしめるため,これら相隣関係を調整する多くの細かい規定を設けている(民法209~238条)。たとえば,建造物築造ないし修繕のために隣地・隣家に立ち入る権利が与えられ,袋地を利用する者には囲繞(いによう)地通行権が認められ,低地所有者には高地からの自然的排水や浸水を乾かすための人為的排水を妨げてはならない義務を課している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうりんかんけい【相隣関係】
〘法〙 隣接する不動産の所有者間において、通行・流水・排水・境界などの問題に関して相互の土地利用を円滑にするために、各自の不動産の機能を制限し調整し合う関係。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相隣関係
そうりんかんけい
Nachbarverhltnisドイツ語
相近接する不動産所有権相互間の法律関係。隣り合っている不動産が互いにその機能を十分に生かすためには、それらの所有者なり利用者が相互にその権利の行使を抑制し、あるいは相手方に協力しなければならない場合がある。このように、近接する不動産所有権(あるいは地上権・賃借権のような利用権)の相互の利用を調節することを目的として、所有権あるいは利用権の内容がある限度まで法的に制限される関係を相隣関係という。民法にかなり具体的に規定されている(209条~238条)。二、三の例をあげれば、(1)他人の土地を通らなければ公道に出られないような土地(袋地(ふくろじ))がある場合には、その土地を取り囲む他の土地(囲繞地(いにょうち))の所有者は通行権を認めてやらなければならない(210条~213条)。(2)隣家との間に囲障(垣根・塀など)を設置して、その費用を隣家にも負担させることができる(225条~228条)。(3)建物を築造するには境界線から50センチメートル以上の距離をとらなければならない(234条)。このほか、水の利用に関して詳細な規定が設けられている(214条~222条)。
 これらの規定は、せいぜい19世紀までの社会の状況を前提としたもので、土木・建築その他の科学技術が著しく発展し、工業化・都市化の進んだ今日からみれば時代遅れのものが多い。また、これらの規定だけでは解決できない多くの問題が実際相隣者間には発生しうるが、それらについては、相隣関係に関する規定の精神を類推し、あるいは権利濫用の法理を適用して解決することになろう。騒音、振動、煤煙(ばいえん)、臭気、日照阻害なども、新しい相隣関係の問題として解決を迫られる重大な問題となってきている。なお、1950年(昭和25)に制定された建築基準法のように、公法面から相隣関係を律しようとする法律も増えている。[高橋康之・野澤正充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうりん‐かんけい サウリンクヮンケイ【相隣関係】
〘名〙 隣接した不動産を所有または利用する者の間の相互の法律関係。民法は、隣地の使用、通行、境界などについて調整をはかっている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相隣関係」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相隣関係の関連情報

他サービスで検索

「相隣関係」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.