Rakuten infoseek

辞書

相続人【そうぞくにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相続人
そうぞくにん
相続を受ける人。日本では,相続人は民法によってその範囲と順位が定められ,同順位の者が複数あるときはそのすべての者が相続人となる (→共同相続 ) 。相続人になりうるのは被相続人死亡のときに生存する (ただし胎児は生れたものとされる。民法 886) 配偶者と子および一定範囲のその他の血族である。
血族相続人の順位は次の順位による。 (1) 子 実子養子を区別せず非嫡出子 (→嫡出でない子 ) も含む。ただし非嫡出子が父の相続人となるためには認知を要する。 (2) 直系尊属 親等の近い者から順次遠い者へ順位が定められる。 (3) 兄弟姉妹 なお第1順位あるいは第3順位の者がすでに死亡している場合はその者の直系卑属が代りに相続人 (→代襲相続 ) となる。ただし,第3順位の場合は被相続人の甥または姪の1代に限る (887,889,890条) 。配偶者は,血族相続人と同順位で常に相続人となる。
被相続人を殺害した者などは欠格者となる (→相続欠格 ) ほか,被相続人に対し虐待を加えた者などは被相続人の意思に基づいて廃除されることがある (892条以下) 。また被相続人の遺言で包括的な遺贈を受ける人 (包括受遺者) は相続人と同一の地位に立つ (990条) が,形式的には相続人と異なる。したがって,日本では遺言による相続人の指定は認められていないといえる。相続人不存在の場合には,家庭裁判所の審判によって,被相続人と生計を同じくしていた者,療養看護に努めた者などの特別縁故者相続財産の全部または一部の分与が認められることがあり (958条の3) ,部分的にではあるが相続の認められない内縁の配偶者などに対する保護がはかられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうぞく‐にん〔サウゾク‐〕【相続人】
先代に代わってそのあとを継ぐ人。
被相続人の財産上の地位を承継する人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

相続人
保科昌彦による小説。2003年、第11回日本ホラー小説大賞にて長編賞受賞。応募時のタイトルは「怨讐の相続人」。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうぞくにん【相続人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうぞくにん【相続人】
被相続人の死亡により、その財産を承継する者。 → 法定相続人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうぞく‐にん サウゾク‥【相続人】
〘名〙 前任者に代わってそのあとを受け継ぐ人。法律では、相続開始とともに被相続人の財産上の地位を承継する人。相続者
地方凡例録(1794)七「相続人無之者の跡株は、親類引請可相続

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相続人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相続人の関連情報

他サービスで検索

「相続人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.