Rakuten infoseek

辞書

相生【あいおい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相生
あいおい
徳島県中南部,那賀町南東部の旧町域。那賀川中流域にある。 1956年相生村,延野 (のぶの) 村,日野谷 (ひのたに) 村が合体して町制。 2005年上那賀町,鷲敷町,木沢村,木頭村と合体し那賀町となる。農林業が主で,特に茶の産地として知られる。花卉園芸も盛ん。那賀川総合開発によって日野谷発電所 (出力6万 1000kW) と川口発電所 (出力1万 1000kW) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あい‐おい〔あひおひ〕【相生】
一緒に生育すること。
一つの根元から二つ幹が分かれて伸びること。また、2本の幹が途中で一緒になっていること。
相生挿し」の略。
相老(あいおい)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいおい〔あひおひ〕【相生】
兵庫県南西部、播磨灘(はりまなだ)に面する市。天然の良港に恵まれ、造船工業地として発展。人口3.1万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐じょう〔サウジヤウ〕【相生】
《「そうしょう」とも》
そうせい(相生)
相性(あいしょう)がよいこと。また、相性。
「お俊は庄兵衛と相剋(そうこく)、彦右衛門と―なるべし」〈露伴・いさなとり〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐せい〔サウ‐〕【相生】
五行(ごぎょう)説で、木は火を、火は土を、土は金を、金は水を、水は木を生じるということ。そうじょう。→相克(そうこく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

あいおい【相生】
福島の日本酒蔵元は「相田酒造」。現在は廃業。蔵は会津若松市大町にあった。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうじょう【相生】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいおい【相生】
一つの根元から二つの幹が分かれ出ること。
相生挿し」の略。
相老あいお」に同じ。 「 -の祝言さへも/浄瑠璃・近江源氏」
いっしょに生まれ育つこと。 「高砂・住吉の松も-のやうにおぼえ/古今 仮名序

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あいおい【相生】
兵庫県南西部、相生湾に臨む市。古くは内海航路の風待ち港。山陽道の宿駅。造船とその関連工業が発達。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そうじょう【相生】
〔「そうしょう」とも〕
五行説で、互いに他のものを生み出す関係。木が火を、火が土を、土が金を、金が水を、水が木を生むとする。 ⇔ 相克そうこく
相性あいしよう」に同じ。また、相性がよいこと。 「お俊は庄兵衛と相剋、彦右衛門と-なるべし/いさなとり 露伴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔北海道〕相生(あいおい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相生
あいおい
徳島県中南部、那賀(なか)郡にあった旧町名(相生町(ちょう))。現在は那賀町の東部を占める地域。旧相生町は、1956年(昭和31)相生、延野(のぶの)、日野谷(ひのたに)の3村が合併して町制施行。2005年(平成17)鷲敷(わじき)、上那賀の2町および木沢(きさわ)、木頭(きとう)の2村と合併して那賀町となった。那賀川中流域に位置し、地域の90%は山林で、住民の所有林が多い。東西に国道195号が走る。主産業は林業。特産は河岸段丘上に栽培される相生茶。日野谷、川口の両発電所が立地する。川口ダム湖畔には、もみじ川温泉がある。[高木秀樹]
『『相生町誌』(1973・相生町) ▽『相生町誌 続編』(2005・相生町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あい‐おい あひおひ【相生】
[1] 〘名〙
① 二つ以上のものが、いっしょに生育すること。また、並んで生育すること。
※古今(905‐914)仮名序高砂住の江の松も、あひをひのやうにおぼえ」
② 一つの根元から幹が分かれて生えること。また、二本の木が途中でいっしょに付いていること。また、そのもの。
※俳諧・桃青門弟独吟廿歌仙(1680)北鯤独吟「今は更に連理の酌子枝朽ちぬ 相生の大根の様に覚えとあり」
③ (「相老い」と同音であるところから) =あいおい(相老)
雑俳・村雀(1703)「相生の種よ宮守の焼きかげん」
※雑俳・芥子かのこ(1716‐36)「相生をそっと見て置く斗り也」
浮世草子西鶴織留(1694)一「立花は池の方に相生(アイオヒ)迄習ひ」
[2]
[一] 謡曲「高砂」の古名。
[二] 兵庫県南西部の地名。明治時代末の造船所創設とともに造船工業地として発展。南部の海岸は瀬戸内海国立公園に属する。昭和一七年(一九四二)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐じょう サウジャウ【相生】
〘名〙 (「そうしょう」とも)
① 五行説で、木から火を、火から土を、土から金を、金から水を、水から木を生じるという、五行の運行に従って互いに他を生じること。そうせい。⇔相剋(そうこく)
※海道記(1223頃)豊河より橋本「水にうつる景は梢を逆(さか)さまにして木に相違せり。水と木とは相生、中よしときけども、移る影は向背して見ゆ」
② 人の生年を五行にあてて、その性が合うとすること。これによって男女の縁談などを定める。そうせい。
※浄瑠璃・百合若大臣野守鏡(1711頃)四「人のうへのよしあしは、人相・さうじゃう・生れ性」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐せい サウ‥【相生】
〘名〙 =そうじょう(相生)〔李衛公問対‐中〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相生の関連情報

他サービスで検索

「相生」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.