Rakuten infoseek

辞書

相生獅子【アイオイジシ】

デジタル大辞泉

あいおいじし〔あひおひジシ〕【相生獅子】
長唄。7世杵屋喜三郎作曲。作詞者未詳。本名題、風流相生獅子。享保19年(1734)江戸中村座初演。現存する石橋物(しゃっきょうもの)で最古のもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいおいじし【相生獅子】
歌舞伎舞踊。長唄。本名題《風流相生獅子》。1734年(享保19)3月江戸中村座,初世瀬川菊之丞により初演。作詞初世瀬川路考か。作曲7世杵屋喜三郎。現存最古の石橋(しやつきよう)物であるが,初演の振りは残されていない。前ジテは傾城姿で両手に紅白の布のついた番(つがい)の獅子頭を持って踊り,後ジテ女方のまま肌脱ぎして扇笠をかぶり獅子の狂い。前半座敷から後に石橋の場面に変わり四天のカラミを使うこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいおいじし【相生獅子】
長唄の一。本名題「風流相生獅子」。1734年江戸中村座初演。作詞者不明。七世杵屋喜三郎作曲。石橋しやつきよう物の古い形を残している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相生獅子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相生獅子の関連情報

他サービスで検索

「相生獅子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.