Rakuten infoseek

辞書

相模原【サガミハラ】

デジタル大辞泉

さがみはら【相模原】
神奈川北部の市。昭和15年(1940)ごろから陸軍の軍用地として都市化し、工業団地住宅地として発達。昭和29年(1954)市制施行。平成18年(2006)に津久井町・相模湖町を、翌年に城山町・藤野町を編入。平成22年(2010)指定都市となる。人口71.8万(2010)。
[補説]相模原市の3区
中央区緑区南区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さがみはら【相模原】
神奈川県の中央北部にあり,相模川と多摩丘陵に挟まれたほぼ長三角形の洪積台地相模原台地ともいう。北西端から南端まで約40km,端部では東西約8km,標高は北部で130~160m,南部で30~40mである。南端部は一段と高い高座(こうざ)・座間(ざま)丘陵に続く。相模原は相模川による河岸段丘で,相模川とほぼ並行し,〈はけ〉とよばれる二つの段丘崖によって三分される。最上位は最も広い相模原面で,北東端が標高160mと高く,南へしだいに低くなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さがみはら【相模原】
神奈川県北部、相模原台地の北部にある市。指定都市。南部は住宅地、北部は工業用地として発達。近年大学の進出も目立つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さがみはら【相模原】
[一] 神奈川県北部の地名。相模原台地の北部を占め、東京都に隣接する。昭和一二年(一九三七)以降、軍都として発展。第二次世界大戦後は工業団地、住宅団地がつくられた。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] 神奈川県中央部の台地。相模川と境川との間にひろがる。相模原、座間などの都市がある。古墳・遺跡が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相模原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相模原の関連情報

関連キーワード

633美の里ニゲルいの(町)吾北自民党総裁選ベネチア水没危機愛知名港花き地方卸売市場(仮称)インドの自動車市場ホスピスアジア太平洋インポートマート(AIM)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.