Rakuten infoseek

辞書

相撲取【スモトリ】

動植物名よみかた辞典 普及版

相撲取 (スモトリ)
植物。オオバコ科の多年草,園芸植物,薬用植物。オオバコの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すまい‐とり すまひ‥【相撲取】
〘名〙
※俳諧・毛吹草(1638)七「しめあふ中は水ももらさじ 玉ほどの汗をかきたるすまひ取」
② 植物、「すみれ(菫)」の異名。〔訓蒙図彙(1666)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すまい‐どり すまひ‥【相撲取】
〘名〙 相撲をとること。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉五「はたらきのひまにおくにはへたちいですまひどりをしてたはむれゐたるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すもう‐とり すまふ‥【相撲取】
〘名〙
① 相撲を取ること。また、相撲を取ることを職業とする人。すまい。すまいとり。すまいびと。すもう。力士。《季・秋》
※七十一番職人歌合(1500頃か)六三番「道のおもひ出に、相撲の節にめさればや、相撲取」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)二「世間により合て戯るるぞ。相撲とりなどしてぞ」
② 植物「すみれ(菫)」の異名。〔大和本草(1709)〕
③ 植物「おひしば(雄日芝)」の異名。〔大和本草(1709)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すもう‐とり〔すまふ‐〕【相撲取(り)】
相撲を取ることを職業とする人。力士 秋》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相撲取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相撲取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.