Rakuten infoseek

辞書

相性【あいしょう】

デジタル大辞泉

あい‐しょう〔あひシヤウ〕【相性/合(い)性】
男女の生まれを暦の干支(えと)九星などに当てて相生(そうせい)相克を知り、二人の縁を定めること。中国の五行(ごぎょう)思想から出た考え方。→五行
互いの性格・調子などの合い方。「上司と―が悪い」「―のいい対戦相手」
俗に、機器同士を接続して用いるときの動作の具合。特に故障ではないにもかかわらず、原因不明の動作の不具合がある場合、「相性が悪い」という。
[補説]「相性が合う(合わない)」とは言わない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいしょう【相性】
互いに性質がよく合うこと。性格や容貌で判断するほかに,五行説干支,九星などを生まれた年と組み合わせて相性を判断することが行われた。縁談においては後者による相性が問題とされることがあり,江戸時代ころからこの知識がひろまった。一般に木と火,火と土,土と金,金と水,水と木などの性は相生(そうじよう),水と火,火と金,金と木,木と土,土と火の性は相克(大凶)とされた。向かい干支(えと)として子と午,丑と未,卯と酉,申と寅,亥と巳歳も相生とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相性
あいしょう
合性とも書く。中国古代の陰陽五行説俗信。男女を生年によって,木,火,土,金,水に分け,縁の合う合わないを定める。干支や九星を配することもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相性
あいしょう
人間同士の性格の類似や適応を判断する現象。実際の交際で、「気があう」「ウマがあう」などと相互の性格を見立て、ツレ、ドシなどとよばれる友人関係を結び、さらに「兄弟分」の契りを結ぶといった習わしは日本全国に認められた。しかし多くは、中国渡来の陰陽五行(いんようごぎょう)説や干支(えと)、九星などの説による性格判断がなされ、とくに縁談に用いられてきた。五行説によれば、人間だれしも生まれつき木火土金水(もっかどごんすい)のうちの一つの性をもち、男女が木と火、火と土、土と金、金と水、水と木の性ならば相生(そうしょう)で縁談は吉、水と火、火と金、金と木、木と土、土と水の性は相剋(そうこく)で凶とした。ただし吉凶の組合せ法は多種多様で、それを専門的に判断する易(えき)がおこった。干支では、「向かい干支」と称し、子(ね)と午(うま)、丑(うし)と未(ひつじ)、寅(とら)と申(さる)、卯(う)と酉(とり)、辰(たつ)と戌(いぬ)、巳(み)と亥(い)の年の男女は相性がよいといわれた。また男女4歳、10歳の開きは四目十目(よめとおめ)(四悪十悪)と嫌われた。そして「愛嬌(あいきょう)よりも相性」(奈良県宇陀(うだ)郡)の諺(ことわざ)のように、相性が縁談の成否を左右することもあった。このような縁談は一般に仲人(なこうど)を媒介とする見合い婚に基づくもので、恋愛婚の高まりとともに、相性を問うこともしだいに衰えてきている。[竹田 旦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相性の関連情報

他サービスで検索

「相性」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.