Rakuten infoseek

辞書

相川 広秋【アイカワ ヒロアキ】

20世紀日本人名事典

相川 広秋
アイカワ ヒロアキ

昭和期の水産資源学者 九州大学教授。



生年
明治36(1903)年1月1日

没年
昭和37(1962)年1月

出生地
山梨県

学歴〔年〕
東京帝大農学部水産学科〔大正14年〕卒

学位〔年〕
農学博士〔昭和13年〕

経歴
農林省水産講習所、水産試験場各技師を経て昭和17年九州帝大教授となり、同大学天草臨海実験所長、長崎大教授、水産庁調査研究部長、津屋崎水産実験所長などを併任。また中央漁業調整審議会委員、日本学術会議会員などを歴任した。13年には論文「日本産短尾甲殻類ノ幼形ニ関スル研究」で農学博士。プランクトン水産資源の研究で業績を残した。著者に「海洋浮游生物学」「水産資源総論」「水族生態学」「資源生物学」などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相川 広秋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相川 広秋の関連情報

他サービスで検索

「相川 広秋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.