Rakuten infoseek

辞書

相国寺【しょうこくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

相国寺
しょうこくじ
京都市上京区今出川通烏丸にある臨済宗相国寺派本山京都五山の一つ。万年山と号する。弘和2=永徳2 (1382) 年に足利義満が後小松天皇の勅願を奉じて創建した。開山夢窓疎石。足利氏代々の尊崇を受けたが,応仁の乱以後衰微した。その後豊臣,徳川両氏の寄進により堂宇も補修され旧観を回復したが,いくたびか焼失し,その後再建された。塔頭 (たっちゅう) 鹿苑院があった (→鹿苑日録 ) 。国宝『無学祖元墨跡』を蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうこく‐じ〔シヤウコク‐〕【相国寺】
京都市上京区にある臨済宗相国寺派大本山。正式寺名は相国承天禅寺。山号は万年山。開創は弘和3年=永徳3年(1383)、開基足利義満、開山は春屋妙葩(しゅんおくみょうは)だが、師の夢窓疎石が第1世。京都五山の第二位。戦国時代以来たびたび火災にあい、現存本堂は慶長10年(1605)豊臣秀頼が再建したもの。境内藤原惺窩(ふじわらせいか)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

相国(しょうこく)寺
△京都府京都市上京区▽にある寺院万年山相国承天禅寺通称。臨済宗相国寺派大本山。足利義満が創建。京都五山のひとつ。本尊は釈迦如来。法堂(重文)の天井に描かれた狩野光信作の蟠竜図、“鳴き”が有名。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうこくじ【相国寺】
京都市上京区にある臨済宗相国寺派の大本山。正称を万年山相国承天(じようてん)禅寺といい,現在,末寺100余ヵ寺を擁する。足利義満が祖父尊氏の天竜寺建立にならって当寺建立を発願,1382年(弘和2∥永徳2)仏殿,法堂(はつとう)の工事に着手した。義満は春屋妙葩(しゆんおくみようは)のすすめにより,春屋の師,夢窓疎石を勧請開山(かんじようかいざん)とし,春屋は2世となった。86年(元中3∥至徳3)五山第2位に列せられ(五山・十刹・諸山),92年(元中9∥明徳3)3世空谷明応(くうこくみようおう)のもとで,盛大な慶讃大法会が営まれたが,その様子は《相国寺供養記》に詳しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しょうこくじ【相国寺 Xiàng guó sì】
中国,河南省開封市内の寺院。〈そうこくじ〉ともいう。北宋時代に最も繁栄した。北斉時代(555)創建の建国寺跡に,の僧恵雲(えうん)が1丈8尺の弥勒仏を本尊とした伽藍(がらん)を作り(706),睿宗(えいそう)は自分の封国の相をとって相国寺と名づけた。宋代国都の筆頭寺院として皇帝以下の厚い保護を受け,各仏殿は相藍十絶と呼ばれる壁画や墨跡でうずまった。毎月数回寺内で開かれる定期市には全国の物貨が集まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

そうこくじ【相国寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうこくじ【相国寺】
京都市上京区にある臨済宗相国寺派の大本山。山号、万年山相国承天禅寺。1382年足利義満が創建。開山は春屋妙葩しゆんおくみようはだが、その師夢窓疎石を第一代とする。京都五山の第二位。現在の本堂は豊臣秀頼の建立した桃山時代のもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

相国寺
しょうこくじ
京都市上京(かみぎょう)区今出川通烏丸(からすま)東入ルにある臨済(りんざい)宗相国寺派の大本山。詳しくは相国承天禅寺という。山号は万年山。本尊釈迦如来(しゃかにょらい)。足利(あしかが)3代将軍義満(よしみつ)が後小松(ごこまつ)天皇の勅命を奉じて創建した寺で、1383年(弘和3・永徳3)10月に起工し、1385年(元中2・至徳2)11月に仏殿の完成をみた。開山には鹿苑(ろくおん)院の春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を請じたが、妙葩はその師夢窓疎石(むそうそせき)を第1世とし、自らは第2世となった。1386年五山の位次が定められた際に第二位に置かれ、のち多数の学僧が輩出し、五山文学の中心となった。1390年(元中7・明徳1)法堂(はっとう)が完成すると、その偉観により当時天下第一の伽藍(がらん)と称された。以後代々の足利氏の尊信を受け隆盛を極めたが、しばしば火災にあい堂塔を焼失し、縮小衰退を余儀なくされた。1605年(慶長10)豊臣秀頼(とよとみひでより)により、応仁(おうにん)の乱で灰燼(かいじん)に帰した法堂(無畏堂(むいどう))が再興された。これは唐様(からよう)建築の左右に玄関廊のある珍しい形式のもので、1788年(天明8)の大火のときにもさいわいに焼失せず、現在、国重要文化財に指定されている。開山塔、方丈は1807年(文化4)に再建されたもので、開山塔内には夢窓国師像を安置、前庭には禅院式枯山水庭園がある。寺域は幽邃(ゆうすい)の美趣をたたえ、大光明(だいこうみょう)寺、光源(こうげん)院などの塔頭(たっちゅう)が連なる洛北(らくほく)の名刹(めいさつ)である。寺宝に『無学祖元墨蹟(ぼくせき)』4幅(国宝)、『十六羅漢(らかん)像』『鳴鶴(めいかく)図』(ともに国重要文化財)など多数の名品が伝えられている。[平井俊榮]
『小畠文鼎著『相国寺中興資料』(1944・相国寺) ▽小畠文鼎著『万年山連芳録』(1932・相国寺)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

相国寺
(京都府京都市上京区)
京都五山指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうこく‐じ シャウコク‥【相国寺】
京都五山の一つ。京都市上京区にある臨済宗相国寺派の大本山。山号は万年山。永徳二年(一三八二)足利義満が創建。開山は夢窓疎石(むそうそせき)。至徳三年(一三八六)京都五山の第二位に列せられた。応仁の乱以後たびたび火災にあい、現在の本堂は慶長一〇年(一六〇五)豊臣秀頼が再建したもの。支院に鹿苑院(ろくおんいん)などがある。また、什物の「無学祖元墨跡」は国宝。そうこくじ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

相国寺
しょうこくじ
京都市上京区にある臨済宗相国寺派の本山。京都五山の第2位
1383年将軍足利義満が「花の御所」の東隣に「首相・宰相」という名を冠して創建。春屋妙葩 (しゆんおくみようは) を開山,第1世をその師夢窓疎石とする。五山の中枢を占め,寺内にある鹿苑院の院主僧録司として禅宗寺院を管理した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相国寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

相国寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.