Rakuten infoseek

辞書

直腸癌【ちょくちょうがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直腸癌
ちょくちょうがん
cancer of the rectum
直腸膨大部に最も多く発生し,続いて直腸上部にもよく発生する大部分腺癌扁平上皮癌はまれ。排便の残留感,血便や粘液便,便形の異常,便秘,ときに疼痛などの症状によって発見される。肛門指診と直腸鏡で容易に診断される。最近,発生の増加傾向が認められる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょくちょう‐がん〔チヨクチヤウ‐〕【直腸×癌】
直腸に発生する癌。早期には下痢(げり)傾向となり、やがて血液が付着した便がみられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょくちょうがん【直腸癌 carcinoma of the rectum】
直腸癌は大腸癌のほぼ過半数を占め,年齢的には40~60歳代の男子に多いとされているが,他の部位の癌にくらべて若年者にもまれではない。直腸に癌が発生して進行すると,腸壁を貫いて直接周囲の組織を侵していく。すなわち男子では膀胱前立腺へ,女子では子宮あるいはへ浸潤していく。そのほかリンパ管や血管を介して癌が転移する。とくに血行性の転移は門脈を通って肝臓へ転移する。さらにや脳へも転移するが,これらを癌の遠隔転移という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょくちょうがん【直腸癌】
直腸部に生じる悪性腫瘍。早期に便通の異常、粘血便の排出がみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょくちょう‐がん チョクチャウ‥【直腸癌】
〘名〙 直腸にできた癌。便が細くなったり、兎糞様になったりして便の様子が変わり、排便時出血を初期の主症状とする。中年以後に多くみられるが、若年者にもまれでない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直腸癌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直腸癌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.