Rakuten infoseek

辞書

直筆【ジキヒツ】

デジタル大辞泉

じき‐ひつ〔ヂキ‐〕【直筆】
本人自身が直接にを取って書くこと。また、その書いたもの。直書自筆。「将軍直筆の書状」「有名歌人の直筆の色紙」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく‐ひつ【直筆】
[名](スル)
事実を偽らずにありのままに書くこと。「目撃したままを直筆する」⇔曲筆
書画で、筆をまっすぐに立てて書くこと。「懸腕直筆」⇔側筆

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じきひつ【直筆】
直接自分で書くこと。また、書いたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょくひつ【直筆】
事実を曲げずありのままに書きしるすこと。 ⇔ 曲筆
書画を書くとき、筆をまっすぐに立てて書くこと。 ⇔ 側筆 懸腕- じきひつと読むと別語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

直筆
ちょくひつ
東洋の書画における用筆法の一種。筆をまっすぐに立てて筆の先で書くこと。水墨画や大字を書く際にのびのびと自由に筆を運ぶためには、懸腕(けんわん)直筆といって、腕をあげ、肘(ひじ)をわきにつけないで書く方法がとられる。一方、肥痩(ひそう)や抑揚のない謹直な線や、絵画における毛描きなどの微細な線を慎重に引くときにも用いられる。筆をねかせて、穂の腹を用いて書く側筆(そくひつ)に対する語。[小林 忠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じき‐ひつ ヂキ‥【直筆】
〘名〙
① 直接に自分自身で書くこと。また、その文書。自筆。直書。親書。〔文明本節用集(室町中)〕
※咄本・醒睡笑(1628)二「さる大名の直筆にて、連署をまはさるる事あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく‐ひつ【直筆】
〘名〙
① 用筆法の一つ。筆管を紙面に直角にあてて運筆すること。じきひつ。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉書論の中毒「直筆(チョクヒツ)、側筆、蔵鋒、露鋒、〈略〉幾多の術語を記得して」
② 事実をありのままに書くこと。事柄を曲げたり隠したりしないで書きしるすこと。また、その文章。⇔曲筆
※顕戒論(820)上「且直筆代口、以陳万一
※薩長土肥(1889)〈小林雄七郎〉四藩気質「聊か余輩が平生の感覚を直筆せんのみ」 〔晉書‐郭璞伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直筆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直筆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.