Rakuten infoseek

辞書

直立【チョクリツ】

デジタル大辞泉

ちょく‐りつ【直立】
[名](スル)
まっすぐに立つこと。「直立して見送る」
高くそびえること。高く切り立つこと。「天に向かって直立するポプラ」「眼前に直立する絶壁」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちょくりつ【直立】
スル
まっすぐに立つこと。 大統領の前に-する
高くそびえること。 灰色なる巨石の-すること千丈なるあり/即興詩人 鷗外
垂直。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すぐ‐だち【直立】
〘名〙 まっすぐに立っていること。ちょくりつ。
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉火宅「直立(スグダチ)の石柱(せきちゅう)よ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

す‐だち【直立】
〘名〙 若木などの、枝もなくまっすぐにはえたもの。
※源平盛衰記(14C前)三七「椎の木のすたち、一本ねぢ切り杖につき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく‐りつ【直立】
〘名〙
① (━する) まっすぐに立つこと。ちょくりゅう。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「旋足を闔ぢて直立し、四顧して手を額にし、遠望の状を為す」 〔荀子‐栄辱〕
② (━する) 特に山などが、立ちふさがるようにまっすぐに高くそびえること。きりたつこと。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「アノ左の方に五つの峯が直立(チョクリツ)して居るのは五劔山で」
③ 垂直であること。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょく‐りゅう ‥リフ【直立】
〘名〙 (「りゅう」は「立」の正音、「りつ」は慣用音) =ちょくりつ(直立)〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なおし‐た・つ なほし‥【直立】
〘他タ下二〙 もとのようになおす。正しくなおす。
※源氏(1001‐14頃)澪標「ものの報いありぬべく思しけるを、なをしたて給て、御心地すずしくなむ思しける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直立」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直立の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.