Rakuten infoseek

辞書

直径【ちょっけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

直径
ちょっけい
diameter
(1) 円,楕円双曲線放物線の直径 円,楕円,双曲線では,中心を通る弦を,その直径という。放物線では,軸に平行な直線であって放物線の内部すなわち凹部にある半直線を,その直径という。 (2) 球の直径 中心を通り,両端が球面上にある線分をいう。直径の両端の点を対点という。 (3) 集合の直径 有界な集合 S の2点 P ,P' に距離 d(P,P') が定義されているとき,PP' をすべての P ,P' について考える。 S は有界であるから d(P,P')≧0 全体の集りは上に有界,したがって上限 d を有する。この d を集合 S の直径という。つまり,最大幅のことである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょっ‐けい〔チヨク‐〕【直径】
円・楕円・双曲線で、中心を通り両端がその曲線上にある線分。放物線では軸に平行な直線で放物線の内部にある半直線。球では中心を通り両端が球面上にある線分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょっけい【直径】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょっけい【直径】
円・楕円・双曲線の中心を通る直線から、その曲線が切り取る線分。円ではすべて長さが等しい。球ではその中心を通り、曲面で切り取られる線分。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょっ‐けい チョク‥【直径】
〘名〙
直線距離をいう。
輿地誌略(1826)三「勿搦祭亜(ベネチア)の境、巴鐸斯(パドス)河より那波里(ナポリ)の境、鉄剌西那(テラシナ)に至る、直径百十二里あり」
② 円の中心を通る弦。
※随筆・守貞漫稿(1837‐53)二五「今製の手鞠大中小種々ともに蚕糸を以て巻き飾る其糸五彩を交へたり。〈略〉大なるは直径五六寸」
③ 楕円・双曲線の中心を通る直線がそれらの曲線によって切り取られる部分。
④ 放物線の軸に平行な直線の、その放物線の内部にある部分。
⑤ 球の中心を通る直線が、その表面によって切りとられる部分。
⑥ 図形に含まれる二点間の距離の最大値。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直径」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直径の関連情報

他サービスで検索

「直径」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.