Rakuten infoseek

辞書

直と・頓と【ひたと】

精選版 日本国語大辞典

ひた‐と【直と・頓と】
〘副〙
① 隔てるものがなく、直接に接するさまを表わす語。じかに。直接。ぴたりと。
※今昔(1120頃か)二七「ひたと抱付(いだきつき)て」
※団団珍聞‐五二五号(1886)「高く称へし念仏の。声諸共にひたと合せし手の」
② もっぱらそのことに集中するさま、その状態であるさまを表わす語。ひたすら。いちずに。はなはだしく。
※史記抄(1477)一二「自帰依仏と云もひたと仏をたのむ心ぞ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「直(ヒタ)と其ばかりを思窮めてゐる胸の中には」
③ 突然その状態になるさまを表わす語。にわかに。はっと。
※俳諧・蕪村句集(1784)冬「こがらしやひたとつまづく戻り馬」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直と・頓と」の用語解説はコトバンクが提供しています。

直と・頓との関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.