Rakuten infoseek

辞書

目付柱【メツケバシラ】

デジタル大辞泉

めつけ‐ばしら【目付柱】
能舞台の向かって左側手前の柱。演者動作目印とする。見付柱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

目付柱
能面をつけ極度視野が狭められた演者の目標となる柱です。

出典:社団法人能楽協会

世界大百科事典 第2版

めつけばしら【目付柱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

めつけばしら【目付柱】
能舞台の向かって左手前の柱。舞のとき目標とする。見付柱。 → 能舞台

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

めつけ‐ばしら【目付柱】
〘名〙
① 能や古い歌舞伎の舞台で、正面観客席から向かって左の前の柱。演者が目じるしにするところからいう。
※虎明本狂言・悪坊(室町末‐近世初)「長刀たてておかふと云て、目付はしらへよせかけておかふとして」
② 茶道で用いる台子の四本柱のうち、客柱・勝手柱・隅柱のほかの、もう一つの柱をいう。相手柱ともいう。
※南方録(17C後)台子「相手柱とも目付柱とも 客柱 隅柱 勝手柱」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目付柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

目付柱の関連情報

他サービスで検索

「目付柱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.