Rakuten infoseek

辞書

監視【カンシ】

デジタル大辞泉

かん‐し【監視】
[名](スル)
警戒して見張ること。また、その人。「監視の目が光る」「火山活動を監視する」
旧刑法で、出獄者の再犯防止のために採用されていた付加刑。一定期間は住居移転の自由を禁じるなどの措置を内容とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報セキュリティ用語辞典

監視
IDS(侵入検知システム)により、ネットワーク上を流れるパケットを収集し、不正なアクセスがないか見張ること。

出典:教育ネットワーク情報セキュリティ推進委員会(ISEN)
Copyright (c) ISEN. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんし【監視】
スル
不都合な事の起こらぬように警戒して人の動きなどを見張ること。 沿岸を-する 厳しい-のもとにおかれる -員 -船
旧刑法で、再犯防止のための付加刑。受刑者の釈放後、一定期間執行するもので、その期間住居移転の自由は認められず、警官によってその生活が監視される。 同音語の看視・観視は注意して見守ることであるが、それに対して監視は犯罪抑止などのために警戒して見張ることをいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐し【監視】
〘名〙
① (━する) 見てとりしまること。警戒して見張ること。また、その人。
※日本風俗備考(1833)三「外国人の海岸に到着せるを監視して」
② 以前の刑法で、再犯防止のための付加刑。一定の刑を終えた受刑者に、釈放後ある期間内住居を移転することを禁じ、かつ警察官にその行動を見守らせること。
※刑法施行法(明治四一年)(1908)五条「監視又は罰金を附加す可きときと雖も」
③ 税関の職員で、関税警察および犯則処分に関する仕事をする者。
※税関官制(明治三二年)(1899)四条「監視専任 判任 九十七人」
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「制服を着た監視(カンシ)の一人が退屈さうに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

監視」の用語解説はコトバンクが提供しています。

監視の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.