Rakuten infoseek

辞書

皇神【スベガミ】

デジタル大辞泉

すべ‐がみ【皇神】
すめかみ」に同じ。
「―の御手(みて)にとられてなづさはましを」〈拾遺神楽歌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべら‐がみ【皇神】
すめかみ」に同じ。
「たきつ瀬に木綿(ゆふ)かけ祈る―今日のなごしに岩戸あくらん」〈夫木・九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すめ‐かみ【皇神】
《「すめがみ」とも》
神を敬っていう語。すべかみ。
「山科の石田(いはた)の社(もり)の―に幣(ぬさ)取り向けて」〈・三二三六〉
皇室の祖先である神。皇祖の神。すべかみ。
「そらみつ大和(やまと)の国は―の厳(いつく)しき国」〈・八九四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すべがみ【皇神】
皇室の祖先の神や天皇の尊称。すめがみ。 -の御手に取られて、なづさはましを/神楽歌

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべらがみ【皇神】
すめかみ(皇神)に同じ。 内侍所に、-となむおはします/更級

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すめかみ【皇神】
すめがみとも
神を尊敬していう語。 住吉すみのえの我が-に幣ぬさ奉り/万葉集 4408
皇室の祖先の神を尊敬していう語。皇祖神。 我が大君ものな思ほし-の継ぎて賜へる我がなけなくに/万葉集 77

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すべ‐がみ【皇神】
※神楽歌(9C後)明星「〈本〉須戸加美(スベガミ)は よき日祭りつ 明日よりは 八百万代を 祈るばかりぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すべら‐がみ【皇神】
更級日記(1059頃)「さては内侍所に、すべら神となむおはします」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すめ‐かみ【皇神】
〘名〙 (「すめがみ」とも)
① 一定の区域を支配する神。各地に鎮座している神々。転じて、一般の神。すべがみ。
※出雲風土記(733)楯縫「仍りて、今に至るまで、楯・桙を造りて、(すめかみ)等に奉る」
② 皇室の祖先に当たる神。
※万葉(8C後)一・七七「吾大王(おほきみ)物な思ほし須売神(スメかみ)の嗣ぎて賜へる吾無けなくに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.