Rakuten infoseek

辞書

皇天【コウテン】

デジタル大辞泉

こう‐てん〔クワウ‐〕【皇天】
天をつかさどる神。上帝。天帝。
「宛(さ)ながら―殊に吾一人を択んで」〈蘆花不如帰
天皇。皇室。
「猶(なほ)―を戴く者少なく候ふ間」〈太平記・三七〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうてん【皇天】
天の神。上帝。天帝。 運命-に在り/菅家後集
天皇。皇室。 天下の士卒なほ-を戴く者少なく候ふ間/太平記 37

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐てん クヮウ‥【皇天】
〘名〙 (「」はを尊ぶ意)
① 天を主宰する神。天。天帝。上帝
※続日本紀‐天平勝宝六年(762)七月丙午「朕聞。皇天輔徳。徳勝不祥」 〔詩経‐周頌・雝〕
② 天皇。天子。皇室
※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「自然駿珍競至。朝皇天者。皆十五儒鶴板遙通」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

皇天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

皇天の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.