Rakuten infoseek

辞書

百首歌【ひゃくしゅうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

百首歌
ひゃくしゅうた
歌学用語。和歌を 100首まとめて詠むこと。また,まとめて詠まれた 100首の和。個人的に詠む場合と同一のに基づいて何人かが同時に詠む場合とがある。本来は,愁訴述懐など複雑な思想内容を1首に表現しきれないという短歌欠点を克服するために考えられた連作形式であろうが,のちには和歌の修練の方法として,また大勢の歌を集める方法として,盛んに行われた。平安時代中期,源重之が東宮時代の冷泉天皇に奉った百首歌が最初のものと伝えられる。曾禰好忠和泉式部相模らも詠んでいる。平安後期の『堀河百首』は,もともと源俊頼らを中心とした私的な試みが,内裏への詠進という公的な性格に変ったものと考えられる。天皇や上皇の召しに応じて詠進する応制百首歌には『永久百首』 (1116) ,『久安百首』 (50) ,『正治百首』 (1200) などがある。鎌倉時代以降は,勅撰和歌集が計画されるとそれに先立って百首歌を召し,それを撰集の素材とすることもしばしばあった。『続後撰集』の際の『宝治百首』 (48) ,『風雅集』の際の『貞和百首』 (1346) などがその例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひゃくしゅ‐うた【百首歌】
100首の和歌を集めたもの。一人で100首詠むもの、一人1首を100首集めたものなどがある。百首の歌百首和歌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひゃくしゅか【百首歌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひゃくしゅうた【百首歌】
一人で一〇〇首詠んだ歌。また、それを何人分か集めた作品集。平安後期から鎌倉時代にかけて盛んに行われ、種々の形式がうまれた。百首の歌。百首和歌。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

百首歌
ひゃくしゅうた
定数歌の一種。部立(ぶだて)または歌題のもとに1人で百首の和歌を詠んだもの。960年(天徳4)ころ曽禰好忠(そねのよしただ)によって創始されたもので、同時代の恵慶(えぎょう)法師の百首歌の序に、「天徳の末のころほひ、あざな曽丹後(そたんご)といふ人、ももちの歌をさぐり出し……」と記す。春・夏・秋・冬・恋各10首、「あさかやま……」「なにはづに……」の手習い歌の歌詞を上下に据えて並べた沓冠歌(くつかむりうた)31首、十干(じっかん)・神・方位の名を詠み込んだ物名(もののな)歌20首で構成される計101首である。初めに序がつき、不遇に沈む身の訴嘆と無常観が述べられる。これとまったく同形のものを恵慶や源順(したごう)などが好忠に相和してつくっており、百首歌の原型といえよう。わが身の訴嘆・述懐は当時の中下層貴族の心情にかない、多くの人々の共感を得て浸透したらしい。以後の百首歌の展開にもこの特徴は基本的性格として受け継がれ、源俊頼(としより)・藤原俊成らの作品にこの傾向がみられる。一方、源重之(しげゆき)が東宮坊警備の長に任ぜられていた967年(康保4)までの間に百首歌をつくって東宮(冷泉(れいぜい)天皇)に奉り、平安末期の『和歌現在書目録』に百首歌の始と称された。春・夏・秋・冬各20首、恋・恨各10首、計100首である。整然とした組織ゆえに始祖と考えられたのであろう。同目録には相模(さがみ)の名も重之に並べられているが、1023年(治安3)ころ箱根権現(ごんげん)に奉納の百首歌を女性の作ゆえに記したと思われる。四季を初・中・はてに各三分した12題とその他雑8題、計20題を各5首ずつ詠む。
 その後、歌題を集めて1組にした組題百首をつくり、後世の範として大きな影響を与えたのは、1105年(長治2)ころ堀河(ほりかわ)天皇に奉った『堀河百首』であり、四季および恋・雑の計100題を各題1首ずつ、百首を14人ないし16人の歌人が詠んだ。そのほか、1116年(永久4)の『永久(えいきゅう)百首』、1150年(久安6)の『久安(きゅうあん)百首』、1190年(建久1)の『五社百首』などが知られ、鎌倉時代にも藤原定家の『藤川(ふじかわ)百首』、室町時代にも1433年(永享5)の『永享(えいきょう)百首』など、天皇・神社への奉献、勅撰(ちょくせん)集編集のための資料、和歌習作の場など、多種多様の目的と性格のもとに詠まれた。[藤岡忠美]
『藤岡忠美著『平安和歌史論』(1966・桜楓社) ▽橋本不美男・滝沢貞夫著『堀河院御時百首和歌とその研究』(1976・笠間書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひゃくしゅ‐うた【百首歌】
〘名〙 百首の和歌をまとめてよんだもの。はじめたのは平安中期の曾禰好忠・源重之などで、一人で四季・恋・雑など各部類にわたって百首よむものであったが、平安末期になると、「堀河百首」「永久百首」「久安百首」などのように、数人が集まって一人百題ずつよむ「組題」が盛んに行なわれ、鎌倉時代にはいってますます流行し、形式も多岐にわたった。また、「小倉百人一首」のように、一人一首ずつ百人の歌を集めたものもある。百首の歌。百首和歌。百首。
※拾遺(1005‐07頃か)夏・八一・詞書「冷泉院の東宮におはしましける時百首歌奉れと仰せられければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百首歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百首歌の関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.