Rakuten infoseek

辞書

百済寺【ひゃくさいじ】

デジタル大辞泉プラス

百済(ひゃくさい)寺
滋賀県東近江市にある天台宗の寺院山号は釈迦山。聖徳太子が百済の僧のために建立したと伝わり、久多良寺(くだらでら)ともする。本尊は十一面観世音菩薩。本堂は国の重要文化財、境内は国の史跡に指定。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くだらでら【百済寺】
滋賀県愛知郡愛東町にある天台宗の寺。山号は釈迦山。〈ひゃくさいじ〉ともよぶ。聖徳太子の創建で,本堂に安置する観音は太子の作と伝える。百済の僧慧聡,道欣,観勒などが住したので,いまの寺名が付いたとされる。木曾義仲が近江に兵を進めたとき,兵糧を出して寺領を寄進されたという。1573年(天正1)織田信長の兵火にかかったが,徳川家康は寺領を寄進し,のち明正天皇の命で,1650年(慶安3)までに復興した。【菊地 勇次郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くだらじ【百済寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ひゃくさいじ【百済寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典・日本の観光資源

百済寺
(滋賀県東近江市)
湖国百選 社/寺編」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くだら‐でら【百済寺】
[一] 奈良県北葛城郡広陵町にある高野山真言宗の寺。弘仁一四年(八二三)空海が大安寺(百済大寺)をしのび、その跡に建てたもの。その後廃し、鎌倉時代の三重塔だけが残る。
[二] 滋賀県東近江市百済寺町にある天台宗の寺。山号釈迦山。聖徳太子により創建され、百済から来た恵聰、道欣らの僧が住んだと伝えられる。現在の堂塔は江戸時代のもの。ひゃくさいじ。久多良寺。
[三] 大阪府枚方市中宮西之町にあった寺。百済王氏の氏寺といわれる。薬師寺式伽藍配置の堂塔の跡が残り、出土瓦も奈良時代のもの。国特別史跡。
[四] 中世、銘酒と評された近江国百済寺の酒。百済。
※実隆公記‐大永八年(1528)五月九日「東洞院殿鯉一・百済寺一桶・壁一折給之」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百済寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百済寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.