Rakuten infoseek

辞書

百合【ユリ】

デジタル大辞泉

ゆり【百合】

㋐ユリ科ユリ属の多年草の総称。温帯を中心に分布し、カノコユリオニユリヤマユリテッポウユリスカシユリなど、園芸用に栽培されるものも多い。鱗茎(りんけい)が食用になるものもある。葉は線形などで平行脈が走る。夏、白・黄・橙色などの大形の6弁花を開く。リリー 夏》「隠れ家のものものしさよ―の花/子規
㋑ユリ科に分類される単子葉植物総称。世界中に約3700種が分布。主に草本で、球茎をもつ。花被は内外3枚ずつあり、いわゆる萼(がく)はない。幾つかの亜科に分けられ、ユリ亜科にはユリ属のほかカタクリチューリップアマナなどの属も含まれる。
襲(かさね)の色目の名。表は赤、裏は朽葉(くちば)色。夏に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆる【百合】
ユリの上代東国方言。
「筑波嶺(つくはね)のさ―の花の夜床(ゆとこ)にもかなしけ妹(いも)そ昼もかなしけ」〈・四三六九〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

百合 ゆり
1694-1764 江戸時代中期の歌人。
元禄(げんろく)7年生まれ。冷泉為村(れいぜい-ためむら)にまなぶ。京都祇園(ぎおん)で茶店「松屋」をいとなむ梶(かじ)の養女となり,のち跡をつぐ。書にもすぐれた。養母,娘の町(池大雅(たいが)の妻玉瀾(ぎょくらん))とともに「祇園三女」とよばれた。明和元年11月9日死去。71歳。家集に「佐遊李葉(さゆりば)」。
【格言など】きよくすむ心の月のくまもなく春秋しらぬ花のうてなに(辞世)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

びゃくごう【百合】
漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ユリ科オニユリササユリヤマユリなどの鱗茎(りんけい)を蒸して乾燥したもの。鎮咳(ちんがい)去痰(きょたん)消炎鎮静滋養強壮解熱利尿などの作用がある。慢性鼻炎アレルギー性鼻炎蓄膿(ちくのう)症に効く辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)などに含まれている。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ゆり【百合】
ユリ科の多年草で、主としてユリ属の鱗茎りんけい植物をさす。葉は線形・披針形・卵形などで互生、時に輪生。芳香ある漏斗状の花を総状または散状花序につけ、あるいは単生する。ヤマユリ・カノコユリ・ササユリ・オニユリなど、および別属のウバユリ・クロユリなど。明治から大正にかけて欧米に輸出された。 [季] 夏。
かさねの色目の名。表は赤、裏は朽葉くちば色。夏用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

百合 (ユリ・ユル)
植物。ユリ科ユリ属の多年草の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆり【百合】
〘名〙
① ユリ科ユリ属の植物の総称。地中に、白・淡黄または紫色の鱗茎がある。葉は線形または披針形。春から夏にかけ、大きな両性花が咲く。花は六個の花被片からなり、赤・桃・白・黄・紫色など。雄しべは丁字形の葯(やく)がめだつ。ヤマユリ・オニユリなどの鱗茎は食用ともなる。北半球の温帯に広く分布、観賞用に栽培されるものが多い。リリー。《季・夏》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 襲(かさね)の色目(いろめ)の名。表は赤、裏は朽葉色。夏用いる。〔胡曹抄(1480頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゆる【百合】
〘名〙 「ゆり(百合)」に当たる上代東国方言。→小百合(さゆる)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

百合の関連情報

他サービスで検索

「百合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.