Rakuten infoseek

辞書

白鼠【シロネズミ】

デジタル大辞泉

しろ‐ねずみ【白×鼠】
毛が白いネズミ。福の神の大黒(だいこく)使者といわれ、古来吉兆とされた。
ドブネズミの飼養白変種。動物実験用。だいこくねずみ。ラッテ
ハツカネズミの飼養白変種。マウス
《福の神の使いで、それがいる家は栄えるからとも、鳴き声が「ちゅう(忠)」であるからともという》主家に忠実に勤める使用人。特に、番頭のこと。⇔黒鼠
「泣いて意見をした―の番頭にしろ」〈荷風・すみだ川〉
染色の名。うすねずみ色。しろねず色。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しろねずみ【白鼠】
毛色の白い鼠。福の神である大黒様の使いとされた。
白鼠のすむ家は繁盛するという俗信からとも、ちゅうと鳴くからとも 主人に忠実に仕え、その家の繁栄に功労の多い番頭や雇い人。 ⇔ 黒鼠
福をもたらす者。福の神。
染め色の名。うすねずみ色。
全身白色のドブネズミ。実験動物として重要。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しろ‐ねずみ【白鼠】
〘名〙
① 毛色の白いネズミ。大黒の使者といわれ、古来より吉兆とされた。
※続日本紀‐神亀三年(726)正月辛巳「京職献白鼠
③ 主家に忠実な番頭や雇人。主人を大黒に見立て、家来を大黒の使者白鼠にたとえていう。また、鳴き声が「ちゅう」だからともいう。⇔黒鼠
※評判記・野郎虫(1660)花井浅之丞「此人は吉郎兵衛ためには、白ねずみ。大こく殿とや申さん」
④ (「抱朴子‐対俗」の「鼠寿三百歳、満百歳則色白、善憑人而卜、名曰仲、能知一年中吉凶及千里外事」の意から) 身持がよくて福ある者。また、福をもたらす者。福の神。白鼠は福の神の使者で、これが住む家は必ず富み栄えるという俗伝によっていう。
※俳諧・生玉万句(1673)「福は内にと厄払宿〈正行〉 白鼠すめる町義のかね懸て〈常省〉」
⑤ 染色の名。薄いねずみ色。うすねずみ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鼠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白鼠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.