Rakuten infoseek

辞書

白鳥の湖【はくちょうのみずうみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白鳥の湖
はくちょうのみずうみ
Le lac des cygnes; The Swan Lake
4幕のバレエ。台本ウラジーミル・ベギチェフ,ワシリー・ゲルツァー。音楽ピョートル・チャイコフスキー。振り付けベンツェル・ライジンガー。 1877年モスクワボリショイ劇場初演。各地に伝承される白鳥姫の民話や伝説を巧みに構成したロマンチック・バレエ。初演は失敗に終わり,その後も数回改訂されて上演されたが,作曲者存命中にはまったく認められなかった。 1895年マリウス・プティパとレイ・イワーノフの共同振り付けによって初めて称賛を得,名作として知られるようになった。現在上演されているものは,ほとんどこのプティパ=イワーノフ版によっている。その後の改訂版としてはアレクサンダー・ゴルスキー,アサフ・メッセレルのもの,ウラジーミル・ブルメステルの演劇的傾向の強いものなどがある。日本初演は 1946年,小牧正英の振り付けにより東京バレエ団が帝国劇場で全幕上演した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくちょうのみずうみ〔ハクテウのみづうみ〕【白鳥の湖】
《原題、〈ロシア〉Lebedinoe ozeroチャイコフスキー作曲のバレエ音楽。1877年モスクワで初演。悪魔によって白鳥に変えられた王女オデットと、王子ジークフリートとの悲恋を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

白鳥の湖
ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーの同名の管弦楽曲によるバレエ。1877年、ヴェンツェル・ライジンガーの振付によりモスクワのボリショイ劇場で初演。現在は1895年にマリウス・プティパ、レフ・イワーノフの振付に基づく版が上演されることが多い。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳥の湖
ロシアの作曲家ピョートル・チャイコフスキーのバレエ音楽(1877)。魔法により白鳥に変えられたオデット姫と、夜だけ人の姿に戻る姫に恋をしたジークフリート王子をめぐる物語。最後の場面では、共に死を選ぶ悲劇的結末や呪いが解けて結婚する幸福な結末など、様々な演出がある。『眠れる森の美女』、『くるみ割り人形』とともにチャイコフスキーの三大バレエと呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくちょうのみずうみ【白鳥の湖 The Swan Lake】
チャイコフスキー作曲の4幕のバレエ。作品20。台本はベギチェフとゲルツェル。1877年ライジンガーの振付によって,モスクワ・ボリショイ劇場で初演。80年と82年にも同劇場でハンセンの振付で再演。いずれも目だった評判は得なかった。95年ペテルブルグのマリインスキー劇場でM.ペチパL.I.イワノーフの振付で上演,大成功を収めた。この成功には,作曲者の弟モデスト・チャイコフスキーが台本の一部を作り直したことも助けになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくちょうのみずうみ【白鳥の湖】
バレエ組曲。チャイコフスキー作曲。四幕。1877年初演。クラシックバレエ最高の人気作。中世ドイツの伝説に基づく。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

白鳥の湖
はくちょうのみずうみ
Лебединое озеро Lebedinoe ozero ロシア語
The Swan Lake英語
Le lac de cygnesフランス語
クラシック・バレエの代表作。全四幕。V・P・ベギチェフとV・F・ゲルツェルの台本によりチャイコフスキーが作曲(1876完成)し、ライジンガーの振付けで1876年2月20日(ロシア暦)モスクワのボリショイ劇場初演。物語は救済メルヒェンで、魔法使いロットバルトによって白鳥に変えられている王女オデットは、夜の間だけ人間に戻るが、彼女に恋をした王子ジークフリートは強い愛情によってその魔法を解くというのが大筋である。初演は成功を収めることができず、作曲者の死後の1895年に、M・プチパとその弟子イワーノフの振付けによってペテルブルグのマリンスキー劇場で改訂上演されて大成功を収め、今日の大流行の基礎がつくられた。プチパはマイム的な身ぶりの多い第一幕と、第三幕の王子の花嫁候補たちの舞踊競争ともいえるディベルティスマンを、イワーノフは第二幕、第四幕のロマンチックなチュチュを着た白鳥たちの登場する場面を担当した。その後も振付けや演出に多くの改訂が加えられており、結末も2人が悪魔を倒して結婚するもの、死によって結ばれる悲劇的なものなどさまざまである。清純な白鳥オデットと、ロットバルトの娘で王子を誘惑する黒鳥オディールを1人で演じ分けるのが、プリマ・バレリーナへの第一歩とされる。[市川 雅]
『アン・ヌージェント著、小倉重夫訳『白鳥の湖』(1987・新書館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくちょうのみずうみ ハクテウのみづうみ【白鳥の湖】
(原題Ljebjedinoje ozjero) バレエ。四幕。チャイコフスキー作曲。一八七六年作。七七年ライジンガーの振付で初演したが失敗、九五年プティパとその弟子イワーノフの振付で再演し成功。古典バレエの傑作とされる。魔法により白鳥に変えられたオデット姫と王子ジークフリートとの愛の物語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白鳥の湖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白鳥の湖の関連情報

他サービスで検索

「白鳥の湖」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.