Rakuten infoseek

辞書

白髪山【しらがやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白髪山
しらがやま
高知県北東部,剣山地にある標高 1770m。香美市の北東端にあり,物部川源流部。南麓に別府峡谷,西麓に西熊峡谷,白髪山スキー場があり,北方三嶺とともに剣山国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白髪山
しらがやま
高知県北部,石鎚山脈にある山。標高 1469m。本山町北部にある。江戸時代から森林の保護育成を受けたが,土佐藩の林業経済上重要な役割を果したヒノキ林は特に有名で保護林となっている。また,大阪の白髪橋 (現西区長堀通) の名はこの材木取引に由来するといわれる。白髪山県立自然公園の中心。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらが‐やま【白髪山】
高知県北部、長岡郡本山(もとやま)町北東部にある山。四国山地中央部に位置する。標高1470メートル。物部(ものべ)川の源流にあたる。ヒノキの自然林は、魚梁瀬(やなせ)のスギ林とともにかつての土佐藩の重要な財源だった。現在は林野庁の保護林(白髪山材木遺伝資源保存林)。国有林の標高1000メートル以上の地域は剣(つるぎ)山国定公園

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらがやま【白髪山】
石鎚山脈東部,高知県長岡郡本山町にある山。標高1470m。基盤結晶片岩,山体は蛇紋岩よりなり,山名の由来も,結晶片岩からなる〈白く光る岩〉の意味で,古くは白峨の文字を使った。古来ヒノキの良材を産し,白髪ヒノキの名で知られ,近世土佐十宝山の一つに数えられ,土佐藩により厚く保護された。モミツガも多く,矮生化したヒノキの白骨林が特異な景観を呈し,頂上にはシャクナゲが咲き,県立自然公園に指定されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

白髪山
しらがやま
高知県中北部、長岡郡本山(もとやま)町にある山。標高1469メートル。四国山地中央部に位置し、山名は近世の『土佐州郡志』によると白髪神社の所在地にちなむという。ヒノキ林は十大藩有林の一つで、魚梁瀬(やなせ)のスギ林などとともに土佐藩の重要な財源となり、大坂市場で取引された。藩邸や土佐材木問屋のあった地を白髪町という。現在も樹齢150年を超えるヒノキの巨木がみられ、林野庁の四国森林管理局の保護林となっている(白髪山林木遺伝資源保存林)。また、国有林の標高1000メートル以上の部分は白髪山県立自然公園に指定されている。北斜面にはよく発達したブナの自然林もあり、頂上付近の南斜面は、蛇紋岩が露出したヒノキの白骨林景観を呈している。[大脇保彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白髪山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白髪山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.