Rakuten infoseek

辞書

白馬の節会【アオウマノセチエ】

デジタル大辞泉

あおうま‐の‐せちえ〔あをうま‐セチヱ〕【白馬の節会】
宮中の年中行事の一。陰暦正月7日、左右馬寮(めりょう)から白馬紫宸殿(ししんでん)の庭に引き出し、天覧ののち、群臣に宴を賜った。この日に青を見ると年中の邪気が除かれるという中国の故事による。もと青馬を用い、のちには白馬または葦毛(あしげ)の馬を用いたことから、文字は「白馬」と書くようになった。あおうま

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくば‐の‐せちえ〔‐セチヱ〕【白馬の節会】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あおうまのせちえ【白馬の節会】
上代・中古、朝廷の年中行事の一。正月7日、天皇が紫宸殿ししんでんで左右馬寮めりようの官人の引く二一頭の「白馬」を見たのち、宴を催した。平安時代に恒例となった。この日、「白馬」を見れば年中の邪気を除くという中国の俗信によったもの。七日の節会。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくばのせちえ【白馬の節会】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あおうま【白馬】 の 節会(せちえ)
奈良時代から朝廷での年中行事の一つ。正月七日、左右馬寮(めりょう)から白馬を庭に引き出して、天皇が紫宸(ししん)殿で御覧になり、その後で群臣に宴を賜わった。この日、青馬を見れば年中の邪気を除くという中国の故事によったもので、葦毛の馬あるいは灰色系統の馬を引いたと思われる。文字は「白馬」と書くが習慣により「あおうま」という。あおうま。あおばのせちえ。《季・新年》
※古今著聞集(1254)三「いづれの年にか、白馬節会に、進士判官藤原経仲まゐりたりけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくば【白馬】 の 節会(せちえ)
宮中年中行事の一つ。正月七日、天皇が紫宸殿で左右馬寮の官人の引く白馬二一頭を観る儀式。あおうまの節会
※御湯殿上日記‐文明一四年(1482)正月一四日(頭書)「けふはくはのせちえの申さた日野の中納言」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白馬の節会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白馬の節会の関連情報

他サービスで検索

「白馬の節会」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.