Rakuten infoseek

辞書

白衣【シロキヌ】

デジタル大辞泉

しろ‐きぬ【白衣】
《「しろぎぬ」とも》
染めてない白い衣服。びゃくえ。白装束。
「女房の―など、この度(たび)は冬にて、浮文、固文、織物、唐綾など、すべていはむかたなし」〈栄花初花
墨染めの衣を着ている僧に対して、一般の人。俗人。
「家を出でし人も―も相まじはりてつかへ奉るに」〈続紀宣命

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐い【白衣】
白い衣服。特に、医師・化学者・美容師などが着る白色の外衣。びゃくえ。
びゃくえ(白衣)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐え【白衣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びゃく‐え【白衣】
白色の衣服。はくい。
白小袖に指貫(さしぬき)または袴をつけただけの姿。
「大口許(ばか)りに―にて、長押(なげし)に尻懸け」〈盛衰記・一三〉
僧が黒衣を着けずに白い下着だけでいること。転じて、礼にそむくこと。非礼。
「―ながらみな様へ、是から御礼をはらりと申し上げまする」〈古今役者物語〉
黒衣の僧に対して、俗人。在家。
「―の弟子、平重盛」〈盛衰記・一一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくい【白衣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

びゃくえ【白衣】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しろきぬ【白衣】
〔「しろぎぬ」とも〕
白色のころも。びゃくえ。 「女房の-など/栄花 初花
(墨染めの衣を着る僧に対して)一般の人。俗人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくい【白衣】
白色の衣服。特に、医師・看護師・化学者などの、白い上着。びゃくえ。
(官位のある人は色のある衣をきたことから)古く中国で、無位無官の人。庶民。 → びゃくえ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくえ【白衣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びゃくい【白衣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びゃくえ【白衣】
白い衣服。はくい。
白小袖に指貫さしぬき・袴はかまなどを着ただけの装束。
僧侶が墨染めの衣を脱いだり、武士が袴をつけていなかったりすること。非礼なこととされた。 「 -ながらみな様へ/評判記・古今役者物語」
〔墨染めの衣を着ていないのでいう〕 僧侶になっていない俗人。在家。 ⇔ 緇衣しえはくい
[句項目] 白衣黒衣の天人

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しろ‐きぬ【白衣】
〘名〙 (「しろぎぬ」とも)
① 白い衣。染めてない衣。びゃくえ。白装束。浄衣。
※栄花(1028‐92頃)初花「女房のしろきぬなど、この度は冬にて、浮文・固文・唐綾など、すべていはんかたなし」
墨染の衣の僧に対して、俗人の称。
※書紀(720)推古一七年四月(岩崎本院政期訓)「百済の僧道欣・恵彌、首(このかみ)として、一十人(とたり)、俗(シロキヌ)(ひと)七十五人(ななのちあまりのいつたり)、肥後国(ひのくに)の葦北津に泊れり」
③ 白地の袿(うちき)の衣。〔満佐須計装束抄(1184)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐い【白衣】
〘名〙
① 白い衣。白色の衣服。特に、医師・化学者・美容師などが着る白色の外衣。はくえ。びゃくえ。
※明衡往来(11C中か)上末「只有黄花之艷遂無白衣之人。閑寥之甚也」 〔礼記‐月令〕
② (官位のある人は色のある衣を着たところから) 中国で、無位無官の人。官位のない卑しい人。庶人。はくえ。〔漢書‐龔勝伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐え【白衣】
〘名〙
※謡曲・融(1430頃)「月宮殿の白衣(はくえ)の袖も」
源平盛衰記(14C前)一一「帰命頂礼大慈大悲証誠権現、白衣(ハクエ)の弟子平重盛驚奉申入心中の旨趣を聞召入しめ給へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びゃく‐い【白衣】
※浄瑠璃・嫩㮤葉相生源氏(1773)五「ハイハイハイ白衣(ビャクイ)でおります御赦されませふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びゃく‐え【白衣】
〘名〙 (「びゃく」「え」は、それぞれ「白」「衣」の呉音)
① 白い色の衣服。はくい。はくえ。
※日本往生極楽記(983‐987頃)春素「其使禅僧一人。童子一人。共着白衣
② 白小袖に指貫(さしぬき)または袴などだけを着て、直衣、素襖(すおう)、直垂(ひたたれ)、肩衣(かたぎぬ)などの上着を着けない下着姿。
※源平盛衰記(14C前)一三「大口許に白衣(ビャクエ)にて、長押に尻懸」
③ 法師が墨染の衣を着なかったり、武士が袴を着けずにいたりするなど非礼な服装。転じて、無礼・非礼をいう俗語。
※発心集(1216頃か)一「白衣(ビャクヱ)にてあしださしはきをりけるままに、衣なんどだにきず」
④ (インドでは俗人は多く白の衣を着ていたところから) 仏語。俗人のこと。僧侶が黒衣(墨染の衣)を着けるのに対していう。はくえ。
※法華義疏(7C前)四「能忍白衣諸難」 〔維摩経‐上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白衣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白衣の関連情報

他サービスで検索

「白衣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.