Rakuten infoseek

辞書

白羽の矢が立つ【シラハノヤガタツ】

デジタル大辞泉

白羽(しらは)の矢(や)が立(た)・つ
人身御供(ひとみごくう)を求める神が、その望む少女の家の屋根に人知れずしるしの白羽の矢を立てるという俗説から》多くの中から犠牲者として選び出される。また、一般に多くの中から特に選び出される。「社長候補として―・った」
[補説]文化庁が発表した平成29年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「白羽立つ」を使う人が75.5パーセント、本来の言い方ではない「白羽の矢が当たる」を使う人が15.1パーセントという結果が出ている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しらはのやがたつ【白羽の矢が立つ】
〔人身御供ひとみごくうを求める神が、求める少女の家の屋根に白羽の矢を立てるという俗説から〕
多くの人の中から犠牲者として選ばれる。
多くの人の中から特に選ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しらは【白羽】 の 矢(や)が立(た)
(人身御供(ひとみごくう)を求める神が、その望む少女の住家の屋根に人知れず白羽の矢を立てるという俗説から)
① 多くのなかから犠牲者として選び出される。白羽が立つ
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)二「親方唐津屋の家の棟へ白羽の矢が立ちましたを」
② 多くのなかから特に指定して選び出される。また、ねらいをつけられる。白羽が立つ。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻四「白羽の矢立ッてこしもとおこり出し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白羽の矢が立つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白羽の矢が立つの関連情報

他サービスで検索

「白羽の矢が立つ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.