Rakuten infoseek

辞書

白群【びゃくぐん】

色名がわかる辞典

びゃくぐん【白群】
色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかいみの」としている。一般に、岩絵の具に用いる群青ぐんじょうを細かい粉末に砕いてできる白っぽい顔料の色。薄い群青色のこと。群青は細かく砕くほど白っぽくなる。群青の原料となる鉱物は天藍石てんらんせき。英名はラズライト(lazulite)という。同じ青い鉱物の青金石せいきんせきもラズライト(lazurite)で混同しがちだが欧文のスペルが違う。ほかに、藍銅鉱らんどうこう英名アズライト(azurite)も白群の原料となる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白群の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISX0208JISJISX0213JIS漢字水準旧JIS洗濯表示JIS X0221

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.