Rakuten infoseek

辞書

白羊宮【はくようきゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

白羊宮
はくようきゅう
薄田 (すすきだ) 泣菫詩集。 1906年刊。 05~06年の作品を収録したもので,『わがゆく海』『ああ大和にしあらましかば』『望郷の歌』など 64編を収める。象徴派詩人泣菫の絶頂期を代表する詩集。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はくよう‐きゅう〔ハクヤウ‐〕【白羊宮】
黄道十二宮の第一牡羊(おひつじ)座に相当したが、歳差のため春分点が移動し、現在では西隣の魚座にある。
[補説]書名別項。→白羊宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくようきゅう【白羊宮】[書名]
薄田泣菫(すすきだきゅうきん)の詩集。明治39年(1906)刊。詩64編を収録。高踏的、浪漫的な詩風を示した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はくようきゅう【白羊宮】
薄田泣菫(すすきだきゆうきん)の第4詩集(前年刊の詩文集《白玉姫》を入れると5番目)。1906年,金尾文淵堂刊。前年刊の《二十五絃》以後の新作64編を収めた泣菫の代表詩集で,古語の大幅な復活使用による古典的手法を完成させるとともに,各種の新詩律も試みている。集中の〈ああ大和にしあらましかば〉〈望郷の歌〉の2編は特に有名で,近代詩絶唱に数えられる。前者はロバート・ブラウニングの〈海外よりの望郷〉,後者はゲーテの〈ミニヨンの歌〉から想を得たものであるが,内容的には奈良,京都など日本の自然や人事を,万葉や古今的な用語,情調のうちに歌っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はくようきゅう【白羊宮】
黄道十二宮の第一宮。かつては牡羊おひつじ座に相当していたが、歳差のため現在は西隣の魚座に移っている。
詩集。薄田泣菫作。1906年(明治39)刊。象徴詩・抒情小曲・民謡体詩を含み、「ああ大和にしあらましかば」「望郷の歌」が著名。高踏派詩人として最高潮の時代の作。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はくよう‐きゅう ハクヤウ‥【白羊宮】
[一] 黄道十二宮の第一番目。黄経零度から三〇度まで。ギリシアヒッパルコスの時代にはおひつじ座にあったが、歳差現象により、現在はおひつじ座の西隣にあたる魚座にある。〔遠西観象図説(1823)〕
[二] 詩集。薄田泣菫作。明治三九年(一九〇六)刊。詩六四編を収録。作者の浪漫的高踏的詩風を完成させた典雅な詩集。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白羊宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

白羊宮の関連情報

関連キーワード

児童雑誌ファリエールサンジカリズム鉄筋コンクリート構造ドゥーマ夏目漱石日本郵便制度史(年表)御免内閣総理大臣バン・デ・ベルデ

他サービスで検索

「白羊宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.